ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

動植物の日常

夏の終わりの音と秋の始まりの音

セミも夏を過ぎると調子が出なくなるのか鳴き方がいい加減になることがある。今朝のツクツクボウシなんて最低だった。 ジュクジュク、ボァンシォ ジュウゥゥン、ボァンシォン もうムチャクチャだ。やる気がないのにも程がある。君は本当はツクツクボウシでは…

犬狩り

ここ数年、僕が住んでいる地域では野犬が増えている。僕ん家の周辺だけではなく、この街全体として増えているらしい。彼らに悪意はないのだろうが、それが群れをなして走ってるとさすがに恐ろしい。 つい先日も彼らの姿を見かけた。彼らは僕んちの庭を堂々と…

ひきこもりが死んだ

オカヤドカリさんがお亡くなりになった。宿を捨てた状態。裸のままだった。 この記事を書いたのが一ヶ月前。その後、元の殻に入ったり脱いだりを繰り返していた。やはりヤドカリの本来の姿というのは宿に入った状態が正しいのであって、裸のままというのは異…

宿のないヤドカリを君は見たことがあるか

僕はヤドカリのように季節ごとにメインとする部屋を変えている。夏には陽の当たらない部屋へ。冬には陽当りのいい部屋へ。この件については先日の記事にも書いた。 僕はオカヤドカリと同居しているのだが、彼らも僕と同じ時期に部屋を引っ越すことになる。オ…

タイサンボクとの戦い

タイサンボクという木をご存知だろうか。漢字で書くと「泰山木」となる。これは放っておくとドンドンと成長してしまうとんでもない木だ。僕はここ数年間、こいつを放ったらからしにしておいた。結果、冒頭の写真のようにとんでもなく成長してしまった。見上…

大きなものをなぎ倒すのは苦労する

この記事にもあるように僕は今大きなものをバッサバサと切り倒している。木の伐採だ。なぜこんな寒い時期にと思うかもしれない。夏の炎天下にこんな作業をしていたら間違いなく倒れる。雪が降るこの二月の寒さの中でもほんの数十分程度作業して頂けでもカラ…

早すぎる秋の訪れ

秋の話なんてまた早いよという声が聞こえてきそうだ。だけども、秋は確実に歩み寄ってきている。いや、歩み寄っているのは僕たちのほうか。 成る柿 「夏の次は秋なんだなぁ」 そんな当たり前のことを感じたのは青い柿を見たときのこと。すでに柿は実をつけて…

オカヤドカリの好物は生ハムである

うちには同居人がいる。正確には同居オカヤドカリだ。飼い始めたのは確か七、八年ほど前。全部で六匹いた。最もお気に入りだった赤いオカヤドカリは飼い始めてすぐに脱走した。ヤドカリが山の中で脱走してどうするのだろうか。寒さに弱い彼らだから、その冬…

リアルポケモンGO

こんなにもあなたの姿をはっきりと見たことはなかった。イタチである。遠い昔に一度だけ出会いかけたことがある。「あれ、今のイタチじゃない?」と母が言うので振り返ったのだが、すでに姿は見えなかった。それ以来、何十年ぶりだろうか、二人は出会ってし…

ローズマリーをぶら下げた日

ローズマリーを天井からぶら下げてみた。特に意味はない。勢いよく生い茂ってきたから、その一部を刈り取った。そのまま捨ててしまうのもアレだから、どうにかしようと考えた。ハーブというのは虫除けになると聞いたことがある。だから網戸の近くに吊るして…

セミの声を聞くたびに目に浮かぶのは

セミって鳴くよね、夏になったら。舗装されていない地面があって、木が二、三本生えていたら、間違いなくセミは鳴いている。うちは山の中か川の中かって問われれば、山の中だから沢山セミが鳴く。それはもう蟬時雨。集中豪雨のように降り注ぐ。セミの声を聞…

沢蟹サワ子と蝶野アゲ美

僕のうちにはカニがいる。沢山いる。海の近くってわけでもないし、むしろ山に近いのにカニがいるのは不思議だ。と思っていたのだけれど、別に不思議なことでもないらしい。カニといって真っ先に思いつくのはサワガニ。サワガニは渓流の近くに住むものらしい…

早すぎた夏を誘い込むように

先週末のこと。まだ六月の終わりだというのにセミが鳴いた。ミーンミンミンと鳴いていたからミンミン蝉だと思う。 「セミが鳴くにはまだ早いだろ」 そう思った途端、そいつは鳴きやんだ。まだ六月の終わりだということに気がついたのかもしれない。暑さに誘…

こんなところで成長するだなんて!

僕は毎朝歯を磨く。だいたいの人は磨くだろうと思う。僕はソラデーという「光と水で磨く」がうたい文句の歯ブラシで歯を磨いている。これを使う場合は歯磨き粉はないほうがいいらしいので、以来、僕は歯磨き粉を使用していない。 最初は若干抵抗があった。歯…

伐採は悪いことか?

ゴールデンウィークというのは祝日がたくさん集まった週間。「昭和の日」「憲法記念日」「みどりの日」「こどもの日」気がついたらどれも終わっていた。昭和の日というのは元は昭和天皇の誕生日だったね。それが平成になってから昭和の日に、と思いきや、元…

彼がなく理由

一晩中、子犬が鳴いている。先日見かけたアイツだろうか。今朝も鳴いていたから一日中鳴いているのかもしれない。なにが悲しくしてないているのだろうか。鳴けばお腹も空くだろうし、鳴いたところでなにがどう変わるものでもないのに。僕はキミのことをうる…

フキノトウを生けてみる

なんだと思います?この写真。そう、フキノトウですね。ちょっとひ弱な感じがしてますが、間違いなくフキノトウです。写真を撮っておいてアレですが、僕はフキノトウの花はあまり好きではありません。見ているとゾワッとしてきます。蕾が多すぎやしませんか…

コミュニケーションの取り方を学ぶ相手は人間ではなく

うちではメダカを飼っている。名前はない。飼い始めた当初は5匹いたと思う。残念ながら死んでしまうメダカもいた。常に5匹がよかったから、そのたびに近所のホームセンターに行って、補充していた。そのうち5匹じゃなくてもいいやと思うようになり、次第に数…

脳震盪を起こした鳥を目の辺りにした僕は

ガラス窓をピカピカに磨くと、時に不条理なことが起きる。ガラス窓の存在に気がつかない鳥がそれに勢いよく衝突するのだ。衝突した鳥は地面に横たわったまま脳震盪を起こしヒクヒクする。彼らはどんな菌を持っているかわからないから、不用意に救いの手を差…

壁を擦り抜けてくるものたち

近所の野良犬たちが僕んちの庭をトイレ代わりにしているので、その対策として柵をこしらえた話を先日した。そして、その柵はなんの役にも立たなかったことも先日お話した。まるで壁抜け男のようにスルリとその柵をくぐり抜けるのである。 あれからというもの…

犬除けにこんな方法はいかがでしょうか?

僕はここ数日、糞害に憤慨していた。野良犬たちがうちの庭をトイレ代わりに利用しているのである。なぜうちの庭なのか?余所のうちではないのか?余所のういでないにしろ、遠くの山でも近くの公園でもいいではないか。放っておくと、そこら中、フンだらけに…

死の淵にたたされたもの、成長を続けるもの

紫陽花の話 先日の大雪のせいか庭にある紫陽花が一瞬にして枯れた。よくみれば全体の一割くらいの蕾は緑色をしているので完全に枯れたわけではなさそうだ。言い換えれば、残りの九割は茶色く変色している。他の植物は青々としているのに。 紫陽花はほぼ手入…

随分と前に旅立った僕の友達を紹介する

ポチは15年近く僕と同じ時間を過ごした友達だ。旅立ったのはもう何年前のことだろうか。当時、近所の神社に子犬が住み着いていた。通学路の途中にあった神社に彼らはいた。多分、4~5匹いたんだと思う。お母さんを見た記憶はない。子犬たちはみんな違う色をし…

オマエはオマエで生きていけ

最近、うちの近所に野良犬がたくさんいます。明け方なんて一匹の犬が遠吠えをはじめた瞬間にいっせいに鳴きはじめます。なんで鳴くんですかね。なにか悲しいことでもあったんですかね?生きていくことがつらくなったんですかね?泣きたいのはコッチですよ、…

変わることをおそれたボクはひとりぼっちになった

先日から、うちには勝手に住みついてしまった犬の親子がいます。彼らの行動に自分の思いを重ねてみました。 お父さんの存在感 お父さんって見かけたことないんですよね。お母さんは栗毛っぽいけど、子どもたちはみんな黒なんで、お父さんは黒犬のはず。けど…

親子の晩餐会に隠された裏事情

クッソうるさい仔犬たちがかわいくて仕方がないA'sです。どもです。この親子の健気な生き様は過去記事を是非ご覧下さいませ。 明日を生きていくにも大変なほどに自由な毎日 - ミニマム コラム 活動範囲を広げていく子どもたち 仔犬たちは徐々に活動範囲を広…

明日を生きていくにも大変なほどに自由な毎日

今日も朝から犬の親子は元気でしたよ。ども、A'sです。犬の親子の件に関しては、過去記事を参照して下さい。いつの間にやら、うちに住み着くようになった親子なんです。 <a href="http://www.a-s-blog.com/entry/2015/06/15/080207" data-mce-href="http://www.a-s-blog.com/entry/2015/06/15/080207">癒されたかったら見なさい。ってか、どーすりゃいいのよ、この現実 - ミニリストになり</a>…

この場所がボクらの世界の全て

気になってしゃーないわ、こいつらの存在が。ども、A'sです。ミニマリストそっちのけで、仔犬の話ばかりしてしまいそうな勢いです。 仔犬たちの気配がないんだが 仕事終えて、家に帰ってきたときに、全く気配を感じなかったんですよ。もしや、保健所に連れて…

癒されたかったら見なさい。ってか、どーすりゃいいのよ、この現実

住みついてしまったわけですよ。犬の親子が。子ども5匹もいるんだよ?子沢山だよね、どこの犬も。人間みたく1人1匹だけ生んでくれりゃいいのに。ども、A'sです。 わたしが小学生ならね、わー、かわいい、全部うちで育てよー。ってなるんだけど、命の重さをそ…