ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

親知らずの抜歯後の食事について

インプラント

右下奥の親知らずを抜歯しました。虫歯による抜歯です。たまに痛みはあったのですが、数年は誤魔化しながら過ごしていました。

 

「次に痛いようなら抜いたほうがいいよ?」

 

お世話になっている歯医者さんいそういわれました。「まあ、親知らずだし、なくてもいっか」という軽い気持ちで抜きました。

 

親知らずを抜く

歯を抜くこと自体は簡単です。あっという間に終わります。麻酔をしているので委託もありません。かなりの力を入れて抜きます。抜歯自体は時1~2分程度でしょうか。予想していたよりもはるかに簡単に抜けました。歯ってこんなに簡単に抜けるんだ。

 

親知らず抜歯後の食事

抜歯自体は簡単ですが、その後が大変です。抜いた後の傷口が落ち着くまでズキズキズキズキと痛みます。特に大変なのが食事。1週間くらいはまともに食べることができませんでした。流動食に近いものを摂取していましたね。

 

  • プリン
  • ウィダーインゼリー
  • 豆腐
  • 甘酒

 

ウィダーインゼリーは一度、コップなどに移してから摂取します。そのまま吸い込むと吸い込む力で出血してしまいます。甘酒は江戸時代の栄養ドリンクと言われてるほど、栄養価の高いものです。お勧めです。

 

3日目くらいからは栄養のあるものを食べた方がよかろうと思い、アボガド、バナナなどを食べていました。細心の注意を払い反対側の歯で食べました。

 

  • アボガド
  • バナナ
  • 蒸しパン
  • おかゆ

 

痛み止めのロキソニンも飲みましたが、それが切れると朝晩構わず痛みはやってきます。「ロキソニン飲むのは1日3回までね」と言われましたが、1日3回じゃ間に合いません。私の場合、5時間くらいしか効かないようなのです。必要以上に薬に頼りたくはない。必死に我慢しました。

 

実はこの親知らずを抜いたことによって、その手前の奥歯までダメにしてしまい、奥歯を抜くはめになります。そしてインプラントをすることになります。これがまた大変な治療でした。記事にしていますので、よろしければご覧下さい。

 

www.a-s-blog.com