ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

インプラント体験談1 きっかけと費用について

インプラント

2015年に約半年間、歯のインプラント治療を行いました。その様子についてまとめた記事がこちらになります。僕が治療したのは、右下の奥歯です。

 

インプラントをすることになったきっかけ

インプラント治療の数ヶ月前に右下奥の親知らずを抜歯しました。親知らずは虫歯になっており抜いたほうがよいと判断されたからです。抜いてしばらくすると問題の右下の奥歯(7番)が痛みはじめました。痛くなると歯医者に行きロキソニンをもらう。奥歯のかぶせ物の調整をする。そんなことを約一年間繰り返していました。

 

しかし、そんな誤魔化しはいつまでも通用しません。ある日、夜も眠れないくらいに歯が痛み出したのです。通っている歯医者に行きます。

 

「奥歯も抜きましょうか?」

 

突然の抜歯のススメに戸惑いました。さすがに奥歯を抜くのは抵抗があります。抜いた後はどうするのかと問えば、そのままでも問題はないとの返答。奥歯なしでどうやって噛めばいいの?長年通っていたこの病院に不信感を覚え、別の病院を探すことにしました。

 

セカンドオピニオンはインプラントも視野に入れて

セカンドオピニオンとは今かかっている医師以外の医師にも意見を聞くというものです。いわば第二の意見。ひとりの医師の意見だけが正しいとは限りません。

 

奥歯を抜くとしてもそのまま放置はしたくない。従来からあるブリッジという方法以外にもインプラントという方法もある。名前は聞いたことがありますが僕にとっては未知の世界。不安しかない。しかし、セカンドオピニオンはインプラントも視野に入れて歯医者を選びました。インプラントを行っている歯医者は限られているのです。

 

セカンドオピニオンでの診断結果 

結論から言えば、やはり奥歯を残すことは難しいといわれました。親知らずを抜いたために7番の歯と歯茎の隙間が大きくなったってしまい、菌が侵入し蝕まれているのだろうということでした。

 

抜歯後の選択肢は3つ

奥歯を抜いたあとの選択肢としては以下の三つです。

  

  1. そのままにしておく
  2. ブリッジにする
  3. インプラントにする

 

1.のそのままにしておくとなると奥歯でモノが噛めません。また、噛み合う歯がないと上の歯が落ちてくるらしいのです。右だけ奥歯がなく、左右のバランスが悪いと体調不良の原因にもなるらしく、これは選択肢としてはありません。

 

2.のブリッジにすると保険が適用されるので安くすみますし、治療期間も比較的短くてすむようです。ただ、ブリッジにするということは手前の歯を削らないといけません。健康な歯を削るのは抵抗があります。削った歯を支点にすることになるので、その歯に負担がかかりやすくもなります。

 

悩んだ末、僕が選んだのは3.のインプラントにするです。ブリッジと違い健康な歯を犠牲にすることはなさそうです。念のため、どのようなデメリットがあるのか?調べてみました。

 

インプラントのデメリット

  1. 治療期間が半年以上と長くなること。
  2. 外科手術になること。
  3. 保険が使えないため高額になること。

 

これから先の長い人生を考えると半年の治療期間はどうということはありません。外科手術といえど、それ自体は10分程度で終わるとのこと。インプラント事故なども考えられますが、それはインプラントに限ったことではありません。

 

僕にとってのいちばんのネックは治療費です。見積もってもらうと、この病院では40万円ということでした。保険が利かないのです。また、治療後のメンテナンスも保険が適用されなくなります。1回のメンテナンスで五千円、それを三カ月ごとに行うのでよう勧められました。年二万円の出費です。

 

これらのことを考慮しインプラントにすることを決断しました。