ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

インプラント体験談2 インプラント治療の様子

インプラント

インプラント治療前日までにすること

インプラントをする前に虫歯になっている奥歯の抜歯をしなければいけません。抜歯後の傷口が落ち着くまで約一ヶ月。わたしの場合は傷口が化膿していたこともあってすぐには手術はできませんでした。インプラント治療の三日前からはジスロマックという抗生剤を服用します。

 

インプラント治療当日

そして、いよいよ治療当日。今回はインプラントの土台作りのみです。まずは口の中の掃除。歯石を取ってもらい、歯を磨いてもらいます。それが終わるとすぐに手術室へ移動します。椅子に座り脈拍を測ります。左手の指に脈を図る機械を装着します。手術中はずっと脈拍をチェックするようです。右手にはブザーを持たされます。痛かったり、何かあったらブザーを押してくださいとのこと。もちろん事前に局部麻酔はしているので痛みは感じないはずです。そして、いよいよ治療開始です。

 

口を大きく開けます。タオルを被せられているので、様子は全くわかりません。なにやらゴリゴリと音が聞こえます。抜歯したあとの歯茎部分を切り開いているようです。「キュイーーン!ガリガリガリ!!」とものすごい音です。

 

ドリルのようなもので穴を開けます。次はインプラントの土台の部分を埋め込んでいるのでしょう。ドライバーでネジを差し込むように、なにかをクルクルと回しています。まるで日曜大工のようです。最後に縫合して終わり。その間約10分。出血もほとんどないようです。

 

治療前の準備等を含めてもトータルで1時間程度でした。不安が大きかった分、あっけなく終了。

 

インプラント治療後の様子

手術した翌日から1週間くらいは腫れました。とはいっても、気にして見れば「腫れてるな」とわかる程度です。親知らずを抜いた時は、翌日まで口の中が真っ赤になるくらい出血しましたが、今回はそんなことはありませんでした。食事は翌日から普通にしていました。

 

費用はいくから?

他に気になるといえば費用面ですね。

 

  •  インプラント手術料 ¥100,000
  •  インプラント材料費 ¥200,000
  •  上部構造材料費(ハイブリッドクラウン) ¥80,000
  •  消費税 ¥30,400
  •  合計 ¥410,400

 

上記費用には10年間保証がついています。トラブルがあった場合は無償で対応してもらえるそうです。定期的なメンテナンスについては、別途費用がかかります。しかも保険が効かなくなります。1回5,000円を年4回=約20,000円/年が別途必要です。でも、確定申告をすれば、費用の一部は戻ってくるようです。領収書は捨てずにとっておきましょう。

 

材料の選択はメンテナンスも考慮して

材料費については、もっと安いところもあるはずですが、これはケチらない方がよさそうです。日本でメジャーではない材料にしてしまうと他の病院でメンテナンスができない場合もあるとか。震災後にインプラント難民と呼ばれる人が沢山いらっしゃったようです。後々のことを考えると、病院を選ばずメンテナンスが可能な材料を選択したほうがよさそうです。

 

最終的には信頼できるかどうか?

とはいえ、今回使用した材料が本当にメジャーなものか?どこの病院でもメンテナンス可能か?なんて判断は素人にはできませんから、結局はその病院が信頼できるかどうか?でしょうね。お世話になっている病院はしっかりと時間をかけて丁寧に説明をしてくれたので、ここの先生にお任せすることにしました。信用第一ですね。

 

インプラント治療から一ヶ月経過したときの様子

意外にも違和感等はありません。食事のときだけ反対側の歯で噛むようにしていますが、それ以外は不自由なし。歯磨きのときは細心の注意を払います。口を大きくあけ鏡を見ながら、その部分に触れないように注意します。

 

他に注意してることといえば振動でしょうか。不必要に振動をあえないようにしています。今の時期はインプラントの土台の部分と自分の骨がくっつくのをひたすら待っている時。だから、その妨げになることはなるべくしない方がいいかなぁと。

 

人によっては、インプラントの土台と骨がくっつかないこともあるようです。タバコ吸う人はそういうリスクが高いらしいです。その場合は、手術をやり直して、また三カ月待ちだそうです。たとえ再治療となっても追加料金を取られることはないらしいですが、これは病院によっても違うのでしょう。

 

別の歯の治療で通院していた理由

三ヶ月間は基本的に放置で構いません。しかし、私はこの間もずっと通院していました。別の歯の治療のためにです。インプラント治療は高額なので、確定申告をすればいくらかは返ってきます。当然、普通の虫歯の治療費も確定申告できるので、可能であれば同じ年にインプラント手術も虫歯治療もまとめて行ったほうがお徳です。