ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

とりあえずなにか書いてみたらいいんじゃない?

f:id:truc-des-4977:20150607180720j:plain

最近では常にブログを意識して生活してます。常にといっても、仕事そっちのけでとか、ネタを血眼になって捜してるというわけではありません。人との何気ない会話だったり、ふと目にしたものだったり。そこから色んなことをイメージします。

 

なんとなく書いてみる

わたしの場合は、ボンヤリしたイメージのままで、記事を書いていった方がすすみます。なんかしっくりこない文章だなと思っても、とりあえず執筆をすすめます。

 

そこで手をとめてしまうと、執筆自体がとまってしまうんですよね。悩むとダメみたいです。会話するみたいにドンドン記事を書きます。だいたい1000文字超えを目安に書いていきます。

 

記事の長さ

短すぎる記事って読んだ感がないんですよね。それなりのボリュームがある記事の方が好きですしね。まあ、ダラダラと長く書いたところで内容が濃くなるわけじゃないんですけどね。短い言葉で言いたいことを的確に伝えるのって逆に難しくないですか?だからね、とりあえずダラダラ書いてみるの。

 

修正作業

で、書き終わったあとに記事を見直して、言葉のおかしなところを修正していきます。たいていおかしいです。そんで、脱線しまくりです。最初にイメージした記事と全く違う内容の記事になることもよくあります。

 

でもね、いいんですよ。それが書きたかったことなんですから。自分でも考えてもなかった方向に話がいったりして、おもしろいです。それが内容のおもしろさに繋がっているかは、また別です。

 

よし、このネタで記事を書こう!と力んでしまうとダメですね。立派な記事書かなきゃっていうプレッシャーで、ぜんぜん前に進みません。進むのは時間ばかりです。

 

読書感想文ってキライでした

小学生の頃の読書感想文ってホント嫌いだったんですよね。感想なんて特にないもんだから、本の裏表紙に書いてあるあらすじをそのまま書き写したり、ページの最後のほうにある別の作家さんが書いた紹介分を写したりして原稿を埋めてました。

 

他にも、本の内容をダラダラ書いて、〇〇というところが面白かったです。みたいなね。あとは頻繁に段落を変える作戦ですね。とにかく400字詰めの原稿を埋める方法しか考えてませんでしたね。

 

おっと、やはり話が脱線してしまいました。子どもの頃の読書感想文の話なんて、これっぽっちも書くつもりはなかったんですけどね。思いのままに書き進めていくとこんな感じになるんです。

 

ゼロから書く

ネタないなぁって思っている人も、とりあえずなにか書いてみたら、どうにかなるんじゃないですか?全くなにもないところからは、なにも生まれないですけど、ゼロでもあれば、なにかが生まれますよ。ゼロじゃなにも生まれない?ゼロという言葉が生まれてるじゃないですか。それでいいんです。