ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

バーゲンでとんでもないことになるのは

f:id:truc-des-4977:20150715061807j:plain

バーゲンって行きます?行かないですよね。安さにつられてよけいなモノ買っちゃいますしね。最近では、バーゲン自体が苦手になっていたりします。

 

急げ!Amazonバーゲン中!

今、ちょうどAmazonでバーゲンやってますね。新聞では3日前から一面広告が出てました。

 

今夜、Amazonがとんでもないことに。

 

ですってよ。これにつらて買い物して、とんでもないことになるのは自分の部屋なのにね。「あー、なんでこんなの買っちゃったんだろう」 ってため息つく姿が想像できます。バーゲン品って、必要にせまられて買ったものではないですから、買ったこと自体を忘れることもあるあるですね。

 

以前は、よく行ってました、バーゲン。人ごみをかき分け「お得なもの」を手に入れるのが快感でした。買いたいモノがなくても行ってましたね。行けば、買いたいものがあるはずだから。それを見過ごして損したくなかったから。けどね、今は無理です。そもそも物欲がない。バーゲン会場でワヤワヤにされたシャツやカバンを見ていたら軽く眩暈さえ覚えます。

 

売り込みのために必死に叫んでいる店員さんにも引いてしまいます。「そこまでヒステリックに叫ばんでもええやろ?」って思います。頑張っている店員さん自身は素晴らしいと思うよ。懸命に仕事をしているんだからね。同様にAmazonの広告にも買わせようっていう必死さが伝わってきて、それがイヤですね。24時間限定にして考える猶予を与えないっていう作戦がやよね。

 

買う基準はなにか?

以前のバーゲン基準は、「お得感があるかどうか?」でした。だから、欲しくなくても「この値段だったら損してもよくね?」なんて考えで買っていましたね。よくねーよ、それでトータルどんだけ損してるんだよ。昔の自分に小一時間説教ですねえ。

 

結局使わないというパターン

バーゲン品ってね、売れ残りなんですよね。売れ残りの服着て満足感得られるわけないわな。ファッションにこだわり持っているふりして、実はこだわっていたのは「安さ」でした。そんなバーゲンで買った服は、全て手放しました。一着も残っていません。オークションで売りに出しても売れないものは処分しました。売れ残りはさ、結局売れ残りなんだよー。そんな売れ残り、売れ残りってゆーな。オレだって頑張ってるんだから。売れ残りたくって売れ残ってるんじゃないからな。

 

組み合わせを想像する

今、服買うときってね、自分の持ち服と合うかな?っていうことを想像しながら買っています。これも服を厳選できたから成せる業です。言ってみれば、服の最適化です。全体最適ですね。いろいろ買って、失敗を経験したからこそ、ようやく自分に似合う服がわかってきた気がします。似合う服なんて年齢と共に変わってくるだろうし、妙に若々しい恰好しても痛々しいだけなので気をつけたいところです。

 

さあ、バーゲンでしこたま買い込んで部屋の中をカオスにしてしまえ!

www.amazon.co.jp