ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

旬のものを美味しく頂く

f:id:truc-des-4977:20150810063508j:plain

夏に食べたくなるモノといったら、なんでしょう?トウモロコシ?カキ氷?アイスクリーム?定番といったらスイカとイチジクですね。イチジクは定番とはちょっと違うような気もしますが、わたしが好きなので、よしとしましょう。

 

スイカ

スイカの90%は水分です。ですので、天日干しにしたら、ほぼなにも残らないことになります。あと、リコピン多めです。リコピン?なんとなく知ってるつもりでいるけど、、、ってことで、調べてみました。

 

カロテノイドの一種。黄色・橙色・赤色の色素成分をもつ脂溶性色素成分で、トマトやトマト製品などに多く含まれる赤色成分。β-カロテンのように体内でビタミンAに変わらず、活性酸素除去作用がβ-カロテンの2倍以上あり、強力な抗がん作用や視覚機能の維持に重要な役割をもつほか、子宮筋腫の予防、前立腺肥大の予防、コレステロールの抑制作用、抗酸化作用などに効果があるとされる。

出典:リコピン(リコピン)とは - コトバンク

 

難しいこと書いてありますが、要するに夏はスイカ食べといたほうがいいよってことでしょう。ちなみに、リコペンともいうんだとか。英語でリコペン、ドイツ語でリコピンなんだそうです。

 

イチジク

 イチジクの旬は8~10月。まさに今が旬。食べ時です。なので、これも食べといたほうがいいです。好きなんですよね。見かけるとついつい買ってしまいます。なにが好きかって、あのグロテスクなところ。なんだか卑猥ですよね。食べかけのところを写真とろうかと思いましたけど、モザイクかけなきゃいけないレベルだったんで、やめました。

 

イチジクは漢字で書くと、無花果です。変換するとすぐに出てくるんで、皆さんご存知ですね。さて、このイチジクにはどんな効果があるんでしょうか?

 

matome.naver.jp

 

なるほどー。イチジクは不老長寿の果物といわれているそうです。

 

  1. アンチエイジング効果
  2. 女性の更年期障害対策
  3. ガン予防
  4. 便秘解消

 

カラダもサビますからね。抗酸化物質を含むイチジクを食べて、老化の原因となるカラダのサビを防ぎましょう。ここでは、女性の更年期障害対策とありますが、男性でも更年期障害になることはあるみたいです。気をつけないといけないですね。

 

ガン予防、便秘解消にも効果があるみたいです。が、なにごとも限度ってものがあります。食べりゃいいってものではありません。バランスよく旬のものを食べる。テレビでバナナがダイエットにいいというと、すぐにスーパーからバナナがなくなります。アーモンドのときもそう。納豆のときもそう。踊らされることがないようにしましょうね。

 

美味しくいただきました。

f:id:truc-des-4977:20150810063516j:plain

キタネー。