ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

「30歳から読む論語」の感想 前編

30歳から読む論語 「自分磨き」のヒントが必ず見つかる!

孔子と彼の高弟の言行を弟子達が記録した書物、それが論語です。儒教においては、四書の1つに数えられてるそうです。「30歳から読む論語」の感想です。

 

正しいことを優先する

人はみな、自分だけは得をしたいと思っているから争いが絶えない。しかし、「これは損なことだが、こちらを選ぶ」と考えれば、争いは起こらない。そして、このほうが長い目で見れば信頼を生んでたくさんの支持を受けるのだ。

 

少しでも自分に得になるように考える人は多いですね。せこい考えです。欲張らないように気をつけたいものです。

 

徳を徹底する経営

やめていく社員に経営者はどう対応すべきか。ある人はこうアドバイスしました。

 

「やめていく社員にきちんと挨拶をしなさい。その上で「ご苦労様でした」と手紙を出したらいかがでしょう?」

 

辞めてしまった社員にどうしてそこまでと思いながら、手紙を出すと、一番頼りにしていた社員から、もう一度仕事をさせてもらえないかと申し出があったということです。その真摯な姿勢が伝わったのでしょうね。

 

最近、ブラック企業とかブラックバイトという言葉をよく聞きます。働いているうちはその会社の社員だが、その会社を辞めれば、お客様になる。それがわかっていれば無茶ないことはできないはずです。利益追求のために無茶な働き方をさせた結果、大切な客を失っているわけです。結果として誰も幸せになっていないですね。

 

威(い)ありて、猛(たけ)からず

一流の人間は権威があっても、それでいて圧迫感を感じさせない。

 

社会的地位を築くと、なにかといばりたがる人が多いです。うちの会社にもいます。単に威張っている人。そんな人には魅力がないですから人はついてきません。それどころか邪魔者扱いされる。一流ではないから圧迫感しか感じないのです。本書によると、このいばるという行為は劣等感裏返しにすぎないということです。心に余裕がなく傲慢なのだとか。

 

器を越える人間になれ

信じれば信じられる。疑えば疑われる。奪えば奪われる。憎めば憎まれる。それが道理である。

 

一度でも裏切られたら人間不信になります。それでも信じ続けたら、バカなお人よしと言われます。それでも信じ続けたら、詐欺の格好の的です。人を信じるというのは難しいです。相手がなにを考えているかなんてわかりませんから。

 

人に依存せず当てにもしない

「入社という意味がわかっているか?会社がきみの力に頼りたいから採用するのであって、きみが会社に頼ってもらっては困る。ましてや、わたしに頼ろうなどと勘違いしてもらってはダメだ」

 

耳が痛いです。返す言葉がありません。

 

悪口を言う人間ほど愚か者だ

自分より年齢が下の人に対する悪口だけは絶対に言うまいと決めています。部下や後輩がきちんと行動できないのは、自分の指導が至らなかったと思っているからです。でも、なかには自分のことを棚にあげて後輩の悪口ばかりを言う人もいます。だったら、きちんと指導すればいいのにって思う。部下の責任をとるのが上司の役目。逃げ回って、悪口ばかりいっている上司なんて必要ないのです。

 

目下の人にものを訊いて勉強することは恥ではない

わたしもわからないことがあれば、年上だろうが年下だろうが関係なく教えてもらますね。時にあえて知らないふりして聞くこともあります。それによって仕事がスムーズに行くのなら、バカなふりをすることも、重要なことだと思っています。

 

話を聞いてやらせてみる

まずは聞くこと。大切なことだと思います。人の話をきちんと聞けない人はとても多い。説明の途中なのに、話に割り込んでくる人。一方的に自分の意見だけを話しまくる人。一方通行では会話は成り立ちません。

 

「地位」だけで人は動かない

地位があれば人は動くと思っている人は多いです。そんな人は無理やり動かそうとします。無理やり動かせば、無理が生じます。地位があっても実績がないと人は動かない。口先だけなら何とでもいえます。子どもや部下は背中を見て育ちます。

 

人を見て法を説け

求は引っ込み思案だから積極性を促した。由は人の分までやろうとするほどだからちょっと待てと引き留めたのだ。

 

注意深く人を見ていないと個別の指導は難しいです。叱って伸びるタイプなのか褒めて伸びるタイプなのか。逐一支持しないと動けないタイプか、ある程度自由にさせておいても大丈夫なタイプか。目指すゴールは同じでも、途中のプロセスは人それぞれ。そのプロセスに対し、指示をされると「じゃあ、お前がやれよ?」って反発したくなります。

 

異質な人間とつき合う

異なった意見や発想を学んでこそ問題は解決しやすくなるものである。

 

会社の人と飲みに行くよりも、プライベートでの飲み会のほうがだんぜん面白いです。社内で仲のいい人でも「会社の人」というラベルを貼ってしまうと途端に仕事の空気を感じてしまい、なんだか遠慮してしまいます。一方のプライベートの飲み会は全く別の職種の人たちが集まるから面白い。自分の視野が広がります。

 

世界を狭くするな

生まれついての知恵者は天才だ。学んで知恵を蓄える者は秀才。行き詰っても学ぼうとしない人は最低である。

 

会社でも仕事ができる人とできない人がいます。どれだけの仕事量をこなしたかよりもその人なりの100%の力で頑張っているか?が重要だと思っています。動かない人間はどれだけ優秀でもダメですね。

 

想像力が知識や情報を活かす

知識や情報は単独で持っていてもあまり意味がありません。オリジナリティがないからです。仕入れた情報はいわば、すでに誰かが知っている情報です。その情報や知識を自分なりに考えることで、オリジナリティが生まれます。大げさに言えば、そこに自分の価値が生まれるのです。

 

試練を乗り越える力をもつ

人間の価値というものは好調時にはわからない。苦境に立たされたときにどんな行動を取るか。それがわかるのだ。

 

「もし先生が大軍を動かすとしたら、どんな人物を頼りにしますか」と子路が訊ねた。「素手で虎に立ち向かったり、歩いて黄河をわたるような命知らずはごめんだ。むしろ臆病なほど注意深く、用意周到に計画を立てる人間を頼りにする」と孔子は答えた。

 

やってみないとわからないという人がいます。そんな人は失敗しても責任を取りません。反省もしません。反省するくらいなら、最初から用意周到に計画を立てているはずだからです。口だけの人間は勇者ではないということです。

 

いくつになっても注意すべき三つの欲

 若いときはエネルギーに満ち溢れているから、色欲にはすぐに色がついてしまう。壮年にもなると仕事にも自信がつき、出世競争も熾烈になってくる。だから、人とぶつかることがどうしても多くなる。歳を取ったら精神的に枯れるのではなく、物欲に歯止めが利かなくなる。

 

煩悩がなくならないのなら、そのままおいておく。その代わり、まったく反対の性質をもった清浄なものをもってくれば、煩悩は動化しなくなるといいます。欲しいものがあれば、それに代わるなにかを施す。怒らないようにするためには相手を認め、受け入れる。道理がわからなければ、真理を勉強し、話を聞いて判断する。

 

消せないものは無理に消さずとも、その代わりに中和するものをもってくればいいといいます。中和するものってなんでしょうね?それを教えて欲しいです。

 

続きはこちら