ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

使えないサイトを前にして我が身を振り返ってみた

クロネコ

「荷物が届きましたよ」とクロネコさんからメールがきました。配達時間の指定がされていないので不在中に届くかもしれません。せっかく届けてもらっても無駄足を踏ませることになっては申し訳ないので、クロネコメンバーズサイトで荷物の配達日を変更することにします。・・・あれ?エラーになって繋がらないんだけど??

 

クロネコメンバーズ使えないんだけど?

表示されるメッセージは以下の通り。

 

SSL サーバーが古い可能性があります。

サーバーに安全に接続できません。このウェブサイトは以前は利用できていた可能性がありますが、サーバーに問題があります。こうしたサイトに接続すると、すべてのユーザーにセキュリティ上の問題が生じるため、接続は無効になりました。

 

原因調査

さっそく原因を調べることにします。とはいってもググるだけ。

 

qiita.com

 

ブラウザはchromeを使っているので、そのせいもあるようです。ネットで調べた限りIEなど他のブラウザでは接続できる場合もあるようです。上記のサイトを見ると裏技もあるようなのですが、そこまでして再配達してもらいたいわけでもありません。なによりセキュリティリスクを負ってまで行いたくありません。結局のところ、サーバ管理者が不具合対応してないのが主な原因のようです。

 

 なぜ放置するかなぁ?

こういうのって放置しておくと印象悪くなりますね。 YAHOO!知恵袋を見てみると、2015年3月くらいにこのエラーに関する質問があがっています。ということは少なくとも半年以上は放置されているということです。これって結構な損失だと思うんですけどねぇ。

 

今回、わたしはサイトが使えないことで、時間変更ができませんでした。電話連絡することはできたでしょうが、配達前にわざわざそこまでする人はいないですよね。不在票が入っていたら、それに対して対応すればいいだけのことです。

 

無駄足を踏むのはドライバーさんだけ?

そして、当然のように不在票は郵便受けに入っていました。ドライバーさんに電話して再配達してもらいます。サイトが繋がればこんなことにはならないのにね。

 

再配達自体は、わたしにとっては特別ムダなことではありません。けど、配達する人にとってはムダ足を踏むことになりますよね。そういう現場のことを考えれば、一刻も早くサイトを使えるようにしてあげるべきなのにサーバ管理者はいったいなにをやっているんでしょうね?

 

全体最適の考えが必要だと思います

サーバ管理者にとっては痛くもかゆくもないことなんでしょう。けど、会社全体で考えれば相当なムダのはずです。そのムダ分はドライバーさんの泣き寝入りなんですかね?ずっと放置しているってことは会社にとっても大した問題ではないんでしょうね。

 

使えないシステムを目の前にして、自分自身の仕事のやり方を振り返ってみた9月15日の今日でした。

 

<最適化とムダに関する記事を集めてみました>