ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

インプラント体験談3 治療完了まで

インプラント

ネジ山をくっ付ける手術

インプラントの土台作りの次はネジ山をくっ付ける治療です。説明が難しいので概要をイラストにしてみました。余計にわかりにくいかも。要した時間は麻酔が効くまでの待ち時間も合わせて30分程度。手術自体は5分でした。

 

インプラント

 

覆われた歯肉を切り開く

三ヶ月前に埋め込んだ土台の部分はすっかり歯肉で覆われますので、まずはメスで切開します。手術中は口が閉じないようにするためか、ジャッキみたいなもので固定されます。これがつらいです。

 

土台の部分を触られると骨とくっ付いていますのでダイレクトにその振動が伝わってきます。耳や脳に響きます。

 

最後に切開した歯肉を縫合して終わり。その後、先生がくっつけたネジ山をコンコンと叩きはじめます。すると、横にある機械が反応します。くっついているかどうかをこの作業で確認しているのでしょうか?

 

治療後の様子

今回の治療でも出血はほとんどありませんでした。翌日の朝、少しだけ口の中に血が溜まっていましたが、わずかなものです。痛みも出血もほとんどなかったので、普通に食事はできます。わたしの場合は念のために、豆腐や素麺などのあまり刺激がないものにしておきました。

 

治療当日は痛みはほとんどありませんでしたが、翌日には少し違和感を感じました。メスを入れているので、全く無痛というわけにはいかないようです。

 

気になることといえば、その見た目。金属のネジ山の部分がモロに見えてる状態。歯茎からネジ山が見えているのですから違和感ありありです。

 

二週間後、仮歯をつくるための型取り

上記の治療から二週間後、仮歯をつくるための型取りを行いました。まずは麻酔をします。型取りなのに麻酔?実際にはその前に別の器具を装着するようです。それが歯肉まで届くから痛いのでしょうか?器具を取り付けられて、ようやく型取りです。上下全ての歯の型取りを行います。

 

さらに二週間後、仮歯の取り付けを行う

型取り作業から更に二週間後に義歯の取り付けを行いました。今回もまずは麻酔をします。口の中で作業なので相変わらずなにをやっているのかはわかりません。

 

仮歯を取り付けて噛みあわせを確認します。高さ調整のために何度か仮歯を削ります。噛みあわせOKなのを確認して取り付け。10分程度で終了です。

 

「仮歯はプラスチックでできていますから、固いモノは食べないで下さい。少々固いモノでも大丈夫ですけど、ガムは食べないで下さい。歯が取れますから。仮歯で一ヶ月くらい様子を見て大丈夫なら、本歯をつけましょう」

 

「違和感を感じる場合や痛くなってきた場合、どうしても口の中を噛んでしまう場合とか、不具合があったらおっしゃって下さい。調整しましょう」

 

こんな説明を受けました。あくまでも仮なので注意しないといけません。

 

仮歯生活について

自分の歯ではないので、全く感覚がありません。歯を磨いているという感覚もわからない。インプラントなので虫歯になることはないのでしょうが、インプラントまわりでトラブルがあった場合は、自分では気がつきにくいでしょう。定期健診は必ず受けようと思います。

 

本歯のための型取りをする

一ヶ月間の仮歯生活を経て、いよいよ本歯の取り付けです。かと思いきや、もう一度型取りをし、次回、本歯を入れるのだそうです。まずは仮歯をはずします。あっさり抜けます。ガムやキャラメルを禁止するのも納得です。

 

そして、外したあとの部分を削り始めます。歯を削っているわけではないので痛みはありません。その後、インプラントの部分を磨いたり、薬を塗ったりといった作業が続きます。前回の仮歯のための型取りは全ての歯に対し行いましたが、今回はインプラントの対象となる部分だけの型取りでした。二週間後に本歯をとりつけて終了となります。

 

二週間後、本歯のとりつけ

型取りから二週間後に本歯をとりつけました。これはどうということもなく取り付けるだけで終了です。以上がインプラント体験の全工程です。

 

インプラント治療、六ヶ月間の概要

  1. 虫歯になった奥歯を抜く
  2. 抜歯から二週間後に抜糸
  3. 手術の三日前から抗生剤を服用する
  4. 一ヶ月後、土台の部分を埋め込む
  5. 三ヶ月後、土台にネジ山をくっつける
  6. 四ヶ月後、義歯を作るための型取りを行う
  7. 五ヶ月後、仮歯(プラスチック)を入れる
  8. 前回から三週間後、本歯用の型取りを行う
  9. 抜歯から六ヶ月後、本歯を装着する

 

まとめると、こんな感じの半年間でした。わたしの場合は他の虫歯の治療も行っていたので、半年間歯医者に通い詰めていましたが、インプラントだけですと、9回の通院になります。月1~2回程度の通院なので、それほど大変でもないでしょうか。

 

いちばん辛かったのは、最初の抜歯です。親知らずの抜歯よりは痛くなかったですけど、それでもやはり抜歯は痛いです。顔が腫れます。痛み止めも種類があるようなので、あまり効かない場合は別の種類の痛み止めを出してもらうのがいいかもしれません。わたしの場合は処方して頂いたロキソニンでなんとかなりました。

 

気分のよくないときにはこういった治療はしないほうが無難でしょうか。メンタル面は治療後の治りや痛みにも影響します。気持ちを整えてから治療に臨んだほうがよさそうです。

 

今後は年に四回、自費で定期検査を受けることになります。合わせて他の歯のメンテナンスも行います。これ以上、自分の歯を失わないようにしっかりとメンテナンスをしていこうと思います。