ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

少しのガマンはそれほど苦痛じゃないから今を選択する

旅

仕事を辞めたら定住せずに各地を転々としたいと思っている。今のところ仕事を辞める予定なんてないので、定年後のことになるかもしれない。60歳になって、元気に各地を転々としたいので、僕は健康に気を使う。ストレスをためない。食事に気を使う。心拍数をあげない程度に運動する。

 

好きなこと、やりたいことがあるのなら、先延ばしにしないで今すぐ実行すべきだと人もいる。確かに今すぐ実行できたらどんなにいいだろう。

 

「実行に移すかどうかだよ。やるか、やらないか。たった一度の人生だから後悔しないように今を楽しく生きるべきだろ?」

 

うん、確かにそう思う。理想だと思う。だけど、理想と現実は違う。僕は今を生きなくてはならないし、70歳になっても生きなくてはいけない。もちろん生きてない可能性もある。

 

「そんな先のことなんて考えたって仕方ないだろ?」

 

確かにそうだ。でも、考えざるを得ない。お金がなくなったからといって、そこで人生を終えることなんてできないから。最低限のみじめな生活を送りたくないから。だから今の生活をしている。今の生活は、すっごくガマンしているわけじゃない。ちょっとだけガマンしている。ちょっとだけガマンして理不尽な社会人生活を送っている。少しのガマンが将来の安心に繋がるのなら、僕はそれを選択する。

 

老後のためにどれだけ貯金すればいいの?なんて考えても答えがあるわけではない。大きな病気をするかもしれない。寝たきりになって誰かのお世話になるかもしれない。そのためにどれだけお金がかかるかなんて計算したこともない。この先、国がどこまで手を差し伸べてくれるかなんてわからない。わからないけど、少なくとも今、税金とかで納めている分くらいは補償して欲しいと思う。多くは望まない。

 

そうならないように食事には気を使っている。自分の体を作っているのは間違いなく毎日の食事である。だとすれば、その食事を大切にすることは間違ってはいないと思っている。さいわいにも僕には時間がある。だから自炊できる。意識して野菜を多く取り、できるだけ旬のものを頂く。体によくなさそうなものは食べない。食べたからって死ぬわけではないが、食べないからといってどうということもなの。ガマンしているわけではない。欲しないだけだ。

 

毎朝のパンは自分で焼いている。砂糖や塩はほんのわずかにする。スキムミルクは必要なかったし、バターの代わりにオリーブオイルで十分だった。あるときはレーズンを入れ、ある時はゴマを入れる。最近のお気に入りは、ジャガイモ+バジル。ジャガイモでサクサク感が増し、焼いたときにバジルのいい匂いがふわっと漂う。

 

各地を転々とする話がどこかにふっとんでしまった。また別の機会に書こうと思う。