ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

年末の休日の朝に僕は考える

考える

読む本が手元にないと実にヒマである。借りてきた未読の本があるのだが、どうしても読む気になれない。文字がまるで頭に入ってこない。相性がよくないのだろう。相性のよくない本は過去にも何冊かあった。そんなときは無理して読むことはしない。この世の中には星の数ほどの本があるのだから、相性のいい本を見つけて読めばいい。しかし、そんな本がないときは暇なのである。ネットをするのも飽きたし、メール整理も気が進まない。掃除するにはまだ寒すぎるし、暗すぎる。まだ朝の5時なのである。

 

ボーッと見てれば時間がつぶれるテレビも部屋にはない。YouTubeで動画を見る気にもなれない。さて、なにをしよう。あ、そうだ。洗濯物が干しっぱなしだ。昨日、畳もうと思っていたのだが、若干湿り気があるような気がして、干しっぱなしにしておいたのだ。時間をかけていつもより丁寧に畳む。ついでに収納ボックスの中も整理し直す。だが、潰れた時間は10分程度である。さて、次はなにをしよう。あ、そうだ。ダイレクトメールの整理をしよう。面倒でついつい収納箱の中に入れっぱなしだった。クレジットカードの明細は不要。配当金の受け取りは、、、確定申告で必要になるかもしれないから念のためにとっておくか。中身だけ取り出し、封筒は処分する。DMは定期的に処分しているので、それほど時間はかからない。

 

そんなことをしていると次第にお腹がすいてくる。でも、ご飯を食べる前には拭き掃除をしないとな。今日は玄関の拭き掃除をしよう。自分がメインでいる部屋と廊下は毎日拭くことにしており、その他の場所は日替わりで拭くことにしている。今日は時間があるのだから、日替わりを一度に掃除してもいいのだが、そうすると「掃除=大変な作業」という無意識のうちのイメージができあがってしまうので無理はしない。

 

さて、今日はなにをするんだっけ?午前中に宅配便が届くからとりあえずは家にいないといけないな。はやく持ってきてくれると助かるんだけどな。ま、年末は宅配便の人も忙しいだろうな。そういえば、今年の郵便局は例年にも増して年賀状の販売に力を入れているような気がする。僕はここ数年、年賀状なんて書いたことない。郵便局の出入口のところはもちろんのこと、スーパーの駐車場とかイベント会場とか色んなところで販売している。一時期、年賀状販売のノルマが問題になったくらいだから、売るほうも必死なんだろうと思う。時代の流れに逆らうって大変だね。保険のおばちゃんとか銀行の営業とかコンビニのバイトとかノルマがある仕事ってストレスが溜まって大変そう。僕にはできそうもない。

 

そんなことはどうでもよくてね、今日はえーっと、宅配便を受け取ったら、とりあえず買い物に行く。墓参りにも行く。図書館で本も借りたい。年末年始の間は図書館お休みだからね。お気に入りのドーナツ屋にも行きたい。そこは無添加安心のドーナツを作っているらしいから、ドーナツを食べたいときはそこで買っている。夕食はなににしようか。せっかく時間のある休みの日だから少し手の込んだものにしようか。今日も平凡な一日になりそうだ。