ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

自分が常に正しいと思い込んでいるのは、老害だから仕方がないのか

老害

 先日、あんな記事を書いたからだろうか、急にプロジェクトが動き始めた。ようやく他の人が僕に追いついて来たらしい。

 

「A's君、明日出社できる?」

 

明日って土曜日なんだけどなぁ。ま、いっか、別に用事ないし。いいですよと僕はできるだけ恩着せがましくないように答える。僕は性格が悪いのか、ついつい感情が言葉の端々に出てしまう。少し油断すると、悪い僕が出てくる。それをわかっているから、できるだけ悪い僕がでないように気をつけている。

 

そして翌日。約束の時間よりも少し前に会社に到着したのだが、もうすでにミーティングをはじめている。まるで僕が遅刻してきたみたいじゃないか。5分前行動の5分前行動は無限ループに陥るからやめろってゆーの。僕は不機嫌になる前にそそくさと席に着く。

 

 

「さっきシステムテストしたらさぁ、いくつかエラーになってね。ここA's君の担当でしょ、原因調査してね。」

 

そういわれ、簡単に説明を受けたのだが、言っていることがいまいちよくわからない。まあ、いい。あとで担当者に直接聞いてみることにしよう。

 

「じゃあ、先にこっちの処理を済ませてから、その原因調査をしますね。」

 

その処理は自動で行うのだが少しばかり時間がかかる。だから、僕はその処理を走らせている間に原因調査をしようと考えた。

 

「いいから、原因調査を先にしてくれるかな?」

 

そんな効率の悪いことしてたらいくら時間があっても足りないんだけどなぁ。自分の指示通りに動かないと機嫌が悪くなるらしい。僕も負けじと反論するのだが、言葉が通じない。全く話がかみ合わない。その処理が終わらないと、他の人も作業ができなくて困るんだと思うけどな。そんなことは一切お構いなし。いいからオレのいうことを聞けと。こういうのを老害っていうんだろうな。

 

仕方がないので原因調査から行う。さきほどの説明はイミフだったので、担当者に直接聞くことにする。

 

「このボタンを押すとですね、エラーにな、、、、、らないですね。あれ?」

 

ちゅーか、その画面作ったの、あんたらだろーがよ。しかも、再現性がないってどういうことだよ。とりあえず様子見で、だってさ。ったく。じゃ、次のエラーね。えーっと、、、、そこもあんたらが作った画面でしょうよ。なぜそれをオレのせいにするの?なに?こちらには問題ないはずだから、オレのせいだって?なめてんのか。とりあえず問題のSQL送りますって?まあ、いいよ、見てやるよ。ってか、意味分かんないんだけど?なぜ、このタイミングでこの処理をする必要があるの?このSQL自体不要だよね?テストの時は確かに動いたって?動くはずないよ、この条件に一致するデータなんてありえないもの。

 

「確かに動いたんだ。」

 

「テストのときは問題なかったんだ。」

 

「動いたの。動いたんだってば。こっちには問題ない。」

 

「悪いのはお前だ。」

 

そんなの言い張ったってしょうがないじゃない。こんなイミフのSQLで動くはずないんだって。こっちも一応、調査するけどさ。

 

後日。

 

「やっぱり、あのSQL自体不要だったみたい。」

 

あなたが一番不要だと思うのだけれど。