ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

誰かと強く繋がってみたいんだなんていう気持ちが希薄で

f:id:truc-des-4977:20151024193203j:plain

そろそろ毎日ブログを更新するのが難しくなってくるかもしれない。先日などは日付けが変わる直前まで会社にいて、「あ、ブログ更新しなきゃ。」なんて慌てて下書き記事を公開したほどだ。下書き記事の在庫はまだあるにはあるが、公開するタイミングが今じゃないような気がしている。別に僕の記事なんて時事ネタでもないし、季節に縛られる記事でもないから、いつ公開しても構わないんだけど、自分の気持ち的に今じゃないのだ。

 

気がつけば記事数も300を超えていた。100記事目のときには、それまでのことを振り返るような記事を書いていた。だけども、200記事目に達していたときにはそんなことも忘れていた。300記事目のときは、「あ、300記事目だ。」と気づいていたのだが、特に振り返るようなこともなかったのでスルーした。

 

僕は気になるブログはfeedlyに登録している。そんなブログの中には僕と同じように毎日更新しているブログもある。だけども、僕もfeedlyを毎日チェックしているわけではないので、未読の記事は溜まっていく。あまりにも未読が多くなると読むのが面倒になり、ついついMark all as readボタンを押してしまう。このボタンを押すと読んだことになる。読者登録して頂いていても、きっとそんな僕と同じようにスルーして頂いている記事も多くあるのだと思う。スルーして頂いているという表現はちとヘンかな。

 

ま、全ての記事を読んで欲しいなんて図々しいことは思わない。フリーペーパーの記事のひとつのように目に留まったら読んでいただければいいし、読んだ内容なんて忘れてもらえればいいと思う。電車の中で暇つぶしのために読んでもらうのもよし。誰かとの待ち合わせの間にチラッと読んでもらうのもよし。

 

ところで僕のブログの読者数は24人だ。ブログをはじめて八ヶ月になるわりには少ないのだと思う。あ、それ自体に不満があるわけじゃないよ?むしろ、なんの営業努力もしてないのに24人の方が自らの意思で読者になっていただいていることはありがたいことだと思う。この数が少ないと感じたのは、他のブログの読者数と比べてのことだ。ブログをはじめてまだ一ヶ月も経っていないのにすでに50人とか100人とかの登録があるなんて素直にすごいと思うのだ。

 

一応、ツイッターなんてものもやってるけど、ほぼつぶやかない。誰かとつながりたいわけではないので、ブログ記事更新のお知らせ用となっている。ツイッターがアクセス元サイトになっているので、それなりに役にはたっているのだと思う。

 

ツイッターにしろブログ読者にしろ誰かと繋がるということは、いい面もあれば悪い面もある。いい面というのは時が経てば当たり前になってくるし、もっといい思いをしたいという欲に繋がる。悪い面といえば、繋がっているからこその面倒くささだろうか。ふとした瞬間に「そういえば、昔、この人のせいでイヤな思いをしたなぁ。」と思い出してしまい、イライラしはじめることになる。そんなイライラする思いはできるだけしたくないので、僕は誰かと積極的に繋がることをおそれている。