ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

大変なニュース

エスカレーター

「たった今、はいってきたニュースです。消防によりますと、名古屋国際会議場で、70歳代の女性が下りエスカレーターで倒れたということです。この事故により女性2人も巻き込まれて転倒したということです。繰り返します...。」

 

職場では、昼休みにNHKニュースが流される。たった今はいってきたニュースですというから大変なことでも起きたのかと思った。確かに怪我をされた女性は気の毒だし、巻き込まれた女性もそれ以上に気の毒だ。だけど、全国ニュースで緊急速報的に伝えなければいけないことなのだろうか?平たくいえば、「おばちゃんがエスカレーターで転んで怪我をした。」ということだろ?怪我をした本人も、まさか全国ニュースになっているとは思ってないんじゃなかろうか。また、この事実を知ったら、本人は顔が真っ赤になるんじゃなかろうか。僕だったら、「大きなお世話だよ、NHK。」って思う。

 

最近は、たいして問題でもないニュースと結構な問題なはずのニュースとかごちゃごちゃになっているような気がする。まあ、僕の頭がごちゃごちゃなだけかもしれないが。今のいちばんのニュースってなんなのだろうか?自分のことが精いっぱいになると人のことなんて気にしていられなくなる。世の中のことも気にしていられなくなる。マイナス金利と聞いて、「えー、銀行に預けていると目減りしちゃうのー?」なんて慌てたが、そういうことでもないらしい。市場もなんだか不安定だしなぁ。爆買い中国人の姿は消えてしまうんだろうか。まあ、バブルというのはいつかははじけるもの。僕はバブルの時代を知らないのだけれど。

 

冒頭のような出来事がニュースになるくらいなら、僕の日常だってニュースにしてくれてもいいはずだ。

 


僕の存在をなかったことのように扱う老害先生。存在を無視される。ん?なんだか聞いたことあるな。・・・・あ、石坂浩二。彼もなんでも鑑定団でその存在を無視され続けていたらしい。そして降板。伝わってくる情報から考える限り、理不尽な扱いを受けていたんだなと思う。しかし、二年も耐え続けたなんて凄い。僕は一年ももたなかった。我慢をするということには限度がある。「そんなの気にしないさ」なんて思ってる時点で気にしているので、どうやったって理不尽な事実から目を背けるのは困難なのだ。

 

イジメのようなことってどこの世界にもあるんだなぁ。学校にもあるし、会社の中にもあるし、芸能界にもあるようだし、ママさんたちの世界にもあるようだ。猫や犬の世界にもあるのだろうか。昆虫や魚の世界にもあるのだろうか。言葉を発しない植物の世界にはいじめはないのだろうか。

 

イジメ。それは絶対になくなるものではないと僕は考えている。