ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

悪者のなり方

 

悪者

「僕が悪者になって、それで一歩でも先に進むんだったらそれでいい。」

 

僕の上司の考えだ。結果、うまくいっているのだったら問題はないのだが、状況は日々悪化している。

 

僕の上司はチームリーダーだから、「上司が悪者=我がチームが悪者」になっているのだが、そういう認識は彼にはないらしい。「だから、あなたはダメなんですよ。」とそれを批判するのは、傷口に塩を塗るようなものなので言えない。遠巻きに、そのようなニュアンスのことを伝えるのだが、遠巻き過ぎて伝わらない。

 

上司は悪者のなり方を間違っているのだと思う。どうせ悪者になるのなら、どちらかを味方につければいいものをその中途半端さから、どちらからも悪者扱いされている。正義の味方と悪の帝王の間で両挟みになり、どちらからも袋叩きにあっている。

 

誰もが我こそが正義の味方だと思い込んでいる。相手は悪の帝王でやっつけるべき相手なのだから、両者は決して理解し合える仲ではない。

 

全てがうまくいくような優等生的な答えなどない。全体のバランスを見て、どの選択肢がベストであるかを判断するしかない。結局、なにが正しいかを決めるのは、たいていオーディエンスだ。

 

それなのに僕の上司は魔法の答えがあると思っている。「なにかいい案ない?」が口癖だ。そんな答えをもっているのなら、とっくに誰かが実施している。あなたよりも優秀な人は沢山いるのだから。

 

「まあまあ、そう言わないで。」という中途半端で曖昧な態度を取るから仕事は先に進まない。でも、それが正しいと思い込んでいて、そうやって丸くおさめることこそが、前に進める最善の方法だと考えているようだ。確かに今、この瞬間は一歩踏み出せたかもしれないが、他の人がノーと言うと、すごすごと後ずさりする。結果、一歩も進めないばかりか、悪者扱いされている僕の上司は必要以上に責められて二歩も三歩も後ずさりしてしまう。奥ゆかしい昭和の妻のように。あなたは妻ではありません。旦那様です。

 

僕はこの上司とは余計な会話をすることをやめた。なにを言われても「はい。」と一言だけ返事をし、指示に従う。そんなことでどうすると自分を責めたこともあったのだが、自分を責めると精神的につらくなってくる。それが体調にも現れるようになって会社に行くことすら困難になる。だから上司と意見を交わすことはやめたのだが、そうすると不思議なくらいに気持ちが軽い。

 

こうやって記事にしていることも愚痴なんかではなく、上司への哀れみからくるものだ。「この人、かわいそう。」なんて他人から思われることがいちばん惨めだと思う。