ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

ゆうちょダイレクトプラスへの切り替えを行ってみた

  • ゆうちょ

先月(2016年3月)から「ゆうちょダイレクト+(プラス)」というサービスが開始されたらしい。これでようやく、ゆうちょ通帳を持たなくてもよくなったらしい。こういう便利なサービスってもっとアピールして欲しいものだ。僕が知らなかっただけ?

 

こちらで教えてもらいました。

 

 

 さっそく切り替えようと、ゆうちょダイレクトにログイン。僕が使っていたゆうちょのWEBサービスってゆうちょダイレクトって名前だったんだ。気にしたこともなかった。そして、ゆうちょダイレクト+(プラス)への切り替えを試みる。

 

申し込みを実行しますと、現在お手元にある通帳は使用できなくなります。切替時点で通帳に記帳されていないお取引の内容は郵送いたします。

現金のお預け入れ・お引き出しの際にキャッシュカードが必要となります。切替後、磁気不良、紛失等でキャッシュカードが使用できない場合、現金の引き出しができません。切替前に、ATM等でキャッシュカードが利用できるか確認のうえ、お申し込みください。

 

注意事項にこんなことが書かれていた。こういった注意書きって普段は読まないんだけど、今回は念のために読んでおいた。このサービスに切り替えると、紙の通帳は使用できなくなるらしい。未取引分は郵送されるらしい。「もう通帳使えなくなっちゃうのかぁ。」なんて考えると未練が生じた。そして、最後にもう一度だけ記帳をしておこうというどうでもいいようなことにこだわった。

 

そして翌日、僕は最後の記帳のため郵便局に向かった。ATMの口に通帳を押し込んでやると、ジーゴージーゴーと音を立てながら印刷をはじめた。印刷し終えた通帳をみると、ちょうど最後のページだったらしく「記帳する欄が少なくなりましたので、窓口で新しい通帳に切り替えてください。」と表示されていた。使い切ったようでうれしかった。

 

そしてさらに翌日の今日、「ゆうちょダイレクト」から「ゆうちょダイレクト+」への切り替えを行った。切り替えはもちろんネットで行う。ここで戸惑ったのが、ダイレクト暗証番号というのが必要だということ。

 

「そんな暗証番号知らんし。」

 

ダイレクト暗証番号は別名、「インターネット用暗証番号」または「モバイル用暗証番号」というらしい。それらの名前が変更になり、「ダイレクト暗証番号」になったらしい。紛らわしい。わかりやすいように書いておけよ。

 

すぐにゆうちょダイレクト+に切り替えを行わなかったのにはもうひとつ理由がある。僕のゆうちょのキャッシュカードはボロボロなのである。

 

ゆうちょ

 

カードの半分が割れている。写真には写っていないが、カードの下半分も同じようにひび割れている。こんな状態でもう何年も騙し騙し使っている。その騙しもそろそろ通用しなくなっているようで。ATMにこのカードを差し込んだら、「お手数ですが、もう一度やり直してください。」なんて生意気なことをいうもんだから、少し強めにカードを差し込んでやった。そしたら、なんとか認識してくれて無事お金を下ろすことができた。少し強引なくらいがいいみたい。でも、きっと寿命は近い。

 

カードを再発行すればいいのだけど、再発行の手数料に1030円もかかるという。そんなバカらしいことはない。僕は現金の引き出しはゆうちょでしか行ったことがない。カードも使えず、通帳もなくなるとなれば、現金がおろせなくなる。ゆうちょ以外で現金を引き出す方法を模索するしかない。

 

手元にあるのは、ソニー銀行のキャッシュカード。一度も利用したことがない。コンビニのATMも自慢だが一度も利用したことがない。手数料にを気にしてコンビニのATMを利用することは避けていたのだが、調べてみると、手数料はかからないみたい。コンビニによっては月四回以上の引き出しは手数料がかかるみたいだけど、僕は月に一度下ろすかどうかという頻度なので、なんら問題はない。

 

僕は今度、人生初のコンビニATMに挑んでみようと思う。ゆうちょ依存からの脱却。そんなおおげさなことではないけど、何事もはじめてというのはちょっとドキドキする。

 

2016年12月26日追記

ただいまキャンペーン中らしいです。僕には関係ないけどー。

★キャンペーン期間 2016年12月1日(木)~2017年2月24日(金)★
期間中に、ゆうちょダイレクトを無通帳型総合口座「ゆうちょダイレクト+(プラス)」に切り替えると、抽せんで5,000名様に2,000円をプレゼント!