ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

システム構築にもミニマリズムを

CSS

このブログにて

CSSとjQueryにはまっているという記事を書いてから約一ヶ月。自分のブログに対するデザイン変更は一旦終了。サイドバーのレイアウトには最後まで手こずった。意外とはてなブログのサイドバーのカスタマイズに関する記事は少ない。せっかく苦労したので、忘備録として記事にしておいた。読者の7割はスマホからのアクセスなので、PC用のレイアウトなんて関係ないのだけれど、作業に没頭している時間は楽しかったので満足している。

 

仕事にて

僕の仕事は社内SEなので、CSSやjQueryの勉強が仕事にも役立つ。仕事とプライベートの境目がなくなっている。

 

僕は7〜8年前に社内のある部署のWEBシステムを構築した。といっても、素人に毛も生えてないようなお粗末なシステムだった。デザインは素人丸出しだし、WEBシステムは当時は社内でも珍しかったから、「こんなこともできますよ。」といったアピールができればいいやと思って構築したものである。

 

だから、同じ部署にWEBシステムを構築する知識をもった仲間なんていなかったし、IISの設定なんてさっぱりわからなかった。それなのにWEBサーバだけは用意されていたから、僕はそれを使ってWEBシステムを構築してみようと思ったわけだ。

 

そんな感じで構築されたのが素人に毛も生えてないようなシステムだった。HTMLオンリー。改行はbrをひたすら繰り返す。当時はスクエア型の画面サイズが主流だったから、それに合わせたレイアウトにしていた。時代は変わって、今の主流は16:9のワイド型。昔作成したWEBシステムを久しぶりに見てみると、画面右側に無駄な空白が。ダサいな、自分。

 

そんな時代遅れのWEBシステムをCSS、jQueryでどうにか今っぽいシステムに再構築したかった。プライベートで得た知識を仕事にもいかせて、まさに一石二鳥。とはいいつつ、それなりにビジネスっぽいデザインにする必要はある。

 

一昔前のサイトは極小文字を使うのがオシャレだった。今のサイトは比較的大きな文字が主流?昔は、あまりフォントを大きくし過ぎると、ドットが目立ったからね。今のフォントはなめらかでいい。文字は大きく、フォント種類も今っぽいものを採用する。それだけで今っぽいサイトに近づく。

 

ボタンを押すと、文字が回転したり飛び跳ねたりするサイトを作成した。スライドショーなんかも作成してみた。色々やってみたけど、どれも社内のお堅いシステムには必要なかった。

 

「余計な情報はそぎ落として、できるだけシンプルかつオシャレなサイトにしよう」

 

ここで僕のミニマリズムが発揮されたわけだ。社内システムには余計な広告も存在しない。最低限の構成が美しい。これでようやく素人に毛が生えたシステムになった。お見せできないのが残念だ。