ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

ストレスでも歯は痛くなる

虫歯

この記事の通り、僕は虫歯の治療を続けている。歯を削っていると、神経が見えてきたとのことで結局、神経を抜くはめになった。神経を抜く作業は人によって回数が違うみたいで、僕の場合は二回で終了。歯の神経ってできれば抜きたくないよね。歯がミイラ化して、うるおいがなくなって、割れやすくなるらしい。痛みには代えがたいけどね。でも、そもそも僕は歯が痛くて治療をしているわけではないから、なんだかやるせない。

 

以前に通っていた歯医者でも神経を抜かれたことがあったのだが、今思えば、あれはとてもいい加減なものだった。銀歯を外してちょいちょいと薬のようなものを塗って、それで終わり。今の歯医者に通い始めたばかりのころに「本当にこの歯は神経を抜いたんですか?」と聞かれたことがある。神経を抜いたはずの歯が痛かったんだよ。実は抜いてなんていなかったんだということは今回の作業と比べれば一目瞭然。やぶ医者め。

 

「横の奥歯も虫歯になっていますから治療しましょうね。」

 

今回の治療中にこう言われた。白い詰め物でなんとかなりそうだという先生。それにしては削っている時間が長い。

 

「思ったよりも深いですから、もう少しきれいにしますね。」

 

要するにまだ削るということだ。どんどん削られていく歯。この歯も神経を抜かれることになるのだろうか?もう不安しかない。この病院は「できるだけ削らない治療」をモットーにしてるんじゃなかったのか。そりゃ虫歯にした僕が悪いんだよ。わかってるけど痛くもない歯を削られるのは、どうにもストレスになる。

 

 「神経までは達していませんでしたから。」

 

 ようやく削り終わって、ひと安心。銀歯にするかセラミックにするかと問われ、迷わずセラミックと答えると、再び歯を削り始める先生。どうやら銀歯よりもセラミックのほうがより多く歯を削らないといけないらしい。そうならそうといってよね。上の奥歯で全然目立つ位置じゃないから銀歯でもよかったかもしれない。ふたたび軽いストレス。

 

で、大変だったのはその日の夜。すっげー歯が痛い。痛むその歯は治療したのとは別の歯。どうにもできないのでロキソニンを飲む。以前にもこの歯は急激に痛くなったことがあって、やぶ歯医者にみてもらったことがある。歯には問題ないらしい。やぶ医者がいうにはストレスでも歯が痛くなることがあるという。

 

ロキソニンでとりあえず痛みはおさまったので寝ることに。そして翌朝。とくに痛くもない。その後も痛くもない。ということは虫歯ではなくて、やっぱストレスが原因だったのかも。この件に関しては、やぶ医者のいうことが正しかったらしい。