ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

オルタナティブエッセンスでのスキンケア

nivea

僕はめちゃ乾燥肌だ。だから高校生くらいからずっとスキンケアが欠かせないでいる。高校生の頃はスキンケアといっても、家のキッチンテーブルに常時置いてある誰も見向きもしないような100均のクリームを適当に使っていた。なにかを塗らないと手の甲などひび割れて痛くなるし、顔は粉をふいて汚らしくなる。決して「この年からスキンケアをしていれば、きっと美魔女になれるわ」なんて思っていたわけではない。必要に迫られてのスキンケアだった。だからかどうかはわからないが、同年代に比べると若いと言われることが多い。決して自慢じゃないけど、自慢だよ。「老けてるねぇ」なんていわれるよりは余程いい。日常は気の持ちようでずいぶんと変わるからね。

 

社会人になって自由にお金が手に入るようになると、少し高めのスキンケア用品にも手を出してみるようになった。とはいっても、数百円が数千円になった程度。数万円のものなどとても買う気にはなれない。そこまで乙女じゃない。数千円のそれは香りはいいし、伊勢丹のメンズ館の一階を歩いているような気にもさせてくれる。しかし、保湿という面においては違いがよくわからない。結局、値段的に安いものを使うことが多かった。

 

ここ2~3年はニベアを使うことが多い。高級化粧品の成分とニベアのそれが大体一緒らしくコスパ的にもいいというのだ。日本酒化粧水をパシャパシャしたあとに顔も手もニベアを塗りたくる。ニベアは結構硬いので体温を使って少し柔らかくしたあと、顔全体をマッサージするのがいいらしい。冬の間はこれでもよかった。だけども、これからの季節にニベアは重い。それにニベアは油分が多いので、日光を存分に吸収しそうでこわい。だから別のスキンケア用品にしようと思っていた。

 

オルタナティブはロフトと松山油脂が共同開発したウォッシュ&ケアです。

 

どこの広告で見かけたのか僕はこれが気になっていた。まず、デザインが実にシンプル。値段も手頃。「女性のための」という宣伝文句にちょっと戸惑いを感じたが、まあいい。メンズ用はアルコールなどを多めに使っていて、肌に刺激が強いものが多いと聞いたことがある。だから女性用で十分。なんだったらベビー用でも構わないくらいの勢いだ。

 

それを求めて僕は早速ロフトに出向いた。スキンケア用品をウロウロするのは少し気がひける。幸いなことに目的のそれは僕が手に取りやすい位置にあった。オルタナティブには多くの種類がある。化粧水、乳液、クリーム。シャンプーはスカルプケア用とダメージ用。なにをどう買ったらいいのだろう?ヘアケアプログラムにはどちらにもお試し用がある。約三回分で500円。どちらもノンシリコンらしい。僕はノンシリコンのシャンプーは一度も使用したことがない。だって髪がキシキシするっていうじゃない?それが抵抗あるんだなぁ。スカルプケア用というのも使用したことがない。ハゲ散らかしそうな傾向はまだないから。でも、せっかくだから、スカルプケア用を購入してみよう。500円なら失敗したってあまり痛くはない。

 

次にスキンケアをどうするかだ。こちらも全7アイテム一週間お試し用というセットがある。クレンジングも入ってるようだが、僕にはそれは必要ない。化粧はしないから。他のアイテムも見てみる。オルタナティブエッセンスというものがある。28mlで2500円くらい。高けぇ。だいたいなにをするものなんだ?悩んでいる僕の姿を見て気を利かせてくれたのか店員さんが近くに寄ってきてくれる。

 

「これってなんに使うものですか?」

 

オルタナティブエッセンスはフェイス用オイルで、風呂上がりすぐにとりあずこのオイルを塗っておくと、化粧水の浸透がよくなるらしい。確かに風呂上がり直後以外は化粧水をいくらパシャパシャしても全然浸透している感じがしない。

 

「お客様は特に乾燥肌でいらっしゃるようですから。」

 

なに!?こんなにニベア。プロから見れば全てお見通しなのか。弱ったな。だから、僕には特にこのオイルはオススメなんだとか。商売上手だな。クレンジングが同封されていないお試しセットはないかと聞いてみたが、ないという。「クレンジングを除いてもお得なセットですから、こちらでお試しされてはいかがですか?」という。そうか、確かにクレンジングが不要ならば、使わなければいいだけのことだ。プロのお姉さんに説得されてお試しセットを購入することにする。商売上手だな。

 

スキンケア

 

翌日、さっそく僕はこれらの製品を使用することにした。はじめて使うスキンケア用品でいつも感じるのが「もし肌に合わなくてかぶれてしまったらどうしよう。」といういらぬ心配。挑戦するしかないのだが、やはり不安になるのだ。まあ、一度もかぶれたことなんてないんだけど。

 

まずは、ノンシリコンのスカルプシャンプーを試す。ノンシリコンシャンプーは泡立ちが悪いと聞いていたのだが、そうでもない。いつもより多く毛が抜ける。そんな気がする。気のせいだろうか。毛のせいだろうか。トリートメントの見た目は、なんだか研磨剤みたい。コンディショナーは使っているけど、トリートメントははじめてだと思う。そもそもそれらの違いがわからないし、気にもしていない。「シャンプーのあとにつけるヤツ」くらいの認識だ。髪のツヤ感が違うような気がする。ツヤがある?気のせい?毛のせい?まとまりもあるし、スタイリングもしやすい。キシキシした感じは多少あるものの、気にはならない。これ、いいかも。

 

次は洗顔とスムージングマスク。洗顔も専用のクリアリングソープってのがある。洗顔後にクリームを塗って、3〜5分おくと肌が柔らかくなるんだって。週2〜3回のスペシャルケアらしいよ。説明書にそう書いてあった。女子はいつもこんなことしてるの?大変だなぁ。僕はおっさんでよかったよ。

 

最後に風呂上がりのスキンケアね。ロフトのお姉さんに言われた通り、風呂上がりすぐにオルタナティブエッセンスを塗る。使用するオイルの量はほんの1、2滴。そうか、これくらいの量なら28ml2500円でも高くはないな。これで化粧水がスイスイと浸透していくはず。バランシングローションをつける。ザクロ果実エキスとルイボスエキスを保湿成分として配合した化粧水らしい。普段よりも浸透してる気がする。

 

次にバランシングエマルジョンをつける。これは乳液ね。ん?もうひとつある。コンセントレートクリームだ。化粧水つけて、乳液つけて、クリームつけるの?よくわかんないけど、そうしとこう。いろんなものつけ過ぎのような気はするけど、たくさんあるのだから仕方がない。ニベアはいつまでもべたつき感があるけど、これはスッと乾くね。乾くけど潤いは保たれている感じ。テカリも気にならない。ニベアはテカテカになるからね。とりあえず、こんな感じで一週間試してみよう。よかったらこれからの季節はシリーズを愛用しよう。

 

お肌のお手入れについて長々と語ってしまったけど、そこまでの熱量をもっているわけじゃないからね。潤っていればそれでじゅうぶん。