ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

汗をかければ治った証拠

風邪のお供

昨日は「照明の音が切れた」なんて呑気な記事を書いたのだが、実はすこぶる調子が悪かった。午後半休をとったくらいだ。帰るつもりはなかったのだが、座っているのがつらかった。今週に入ってからはずっとこの調子だ。朝は至って普通なのだが午後をまわると調子が悪くなる。寒気がする日が続いたから、昨日はユニクロのヒートテックを上下に装備。カーディガンやらなにやらで合計5枚重ねしたのだが、それでも寒かった。体調が悪いとまるで頭がまわらないから仕事が全然前に進まない。こんなこともあろうかと今日の午後にやるべき仕事を午前中に終わらせていたのは正解。

 

「これはきっと風邪だろう」と勝手に思い、風邪によさそうなものをスーパーで購入して帰った。ポカリスエットやアクエリアスは点滴の成分に近いから、風邪を引いたらこれがオススメと医者が言っていたので、以来、風邪の時は飲むようにしている。それになんとなくビタミンCが多そうなパイナップルにウイダーインゼリー。これらを全て摂取したら、一体どれだけの糖分摂取になるのだろう。完全に糖分過多だ。まあ、風邪の時くらいいっか。

 

ところで、僕は本当に風邪なのだろうか。病院に行っていないから実のところはよくわからない。病院って待ち時間長いし。風邪うつされそうだし。値段の割にはたいした診察してくれないし。三割負担は高いよね。最近では「2000円以内でできる範囲で治療をお願いします」なんていう患者もいるらしい。わからんでもない。「その検査、ホントに必要なの?」って思うことも多いし。 

 

そして安静にしていたんですけど、寝れないですよ、さすがに昼間っからは。仕事してるときはメチャ眠いのに。理不尽なこった。しかも喉の奥に違和感があって割と咳が止まらないのね。でも「僕は風邪です!」という感じの咳ではなく乾いた感じの咳なの。自分でコントロールできない感じの咳。わかる?わかんないよね。

 

そんな感じでグダグダ過ごしていたら、なんとなく調子が戻ってきたみたいで、その勢いで夕食の準備をした。簡単に済ませたかったから、具沢山のお味噌汁にした。YouTubeで「超歌舞伎」を見ながら食べた。澤村國矢の青龍の精がかっこいいのよ。三代目猿之助をどこか感じるのね。だから、これ見るの三回目。

 

www.youtube.com

 

その甲斐もあってか具沢山のお味噌汁を食べていたらダラダラと汗が出てきた。僕にとって汗をかくということは風邪が治ったという証。でも、油断は大敵なのでデザートにパイナップルを食す。これで完璧。の、はずがさぁ、そうでもなくってね。事態はさらに悪化。次の記事へ続く。