ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

アレルギーと体調不良の関係

マスク

ここ最近の体調不良はアレルギーのせいではないかとふと思った。病院に行って「あなたはアレルギー体質です。かわいそうですね」などといわれたわけではない。ここまで風邪が長引くことなどないし、風邪を引いたときの咳とも違う。

 

喉の奥がくすぐったい感じ

 

咳き込む原因をネットで調べていたときにこの表現にたどり着き、まさにこれだと思った。くすぐったいのだ。特に息を吸い込む瞬間。喉の奥のある部分がサワサワとしてくる。僕を笑わせようとする。結果、むせ返るように咳き込む。しゃべろうとすると咳き込む。会話ができない。特に電話をしているときなど相手にはゴホゴホという音しか聞こえてこないものだから、ホント申し訳なく思う。

 

のど飴を必死に舐めても治らないわけだ。最近ののど飴って色々種類があるんだね。僕が買ったのは浅田飴のサイダー味。瞬時にガリガリ君のサイダー味を思い出した。なつかしいわ。で、こののど飴は大人の場合、一回に三錠も服用しなければいけない。口の中に飴を三つも放り込むと口の中で飴がコロコロして実に忙しい。甘ったるくていやになる。しかも一日に六回も服用しないといけない。ということは飴を一日に十八錠も口の中に入れることになるんだよ。砂糖依存が怖い僕としては躊躇するところだ。

 

ところで今の体調不良の原因がアレルギーだと思った話ね。僕の職場では今時期になると窓を開ける。クーラーをつけるほど暑くはないが、閉め切っていると熱がこもり少し暑い。だから風通しをよくする。しばらくすると目がショボショボしてくる。咳き込む。熱っぽくなり異常にダルくなる。午後からは暑くなるので窓を閉めクーラーをつける。僕の体調も落ち着く。

 

別の職場にタクシーで移動していたときの話だ。タクシーの運転手が言った。「雲ひとつない青空なのにドンヨリしてますよねぇ」PM2.5の影響なのだろうか。それとも花粉か。でも、どちらもピークはとっくに過ぎている。数年前から人とは違うタイミングで花粉症のような症状が出ることはあった。でも、それは一日限りですぐに治ることが多かった。今回はそれが長引いているのだろうか。だとすればアレルギーの原因はなんだろうか。いずれにしたって何かが飛んでいるはずなのだ。そいつに僕はやられている。

 

実は布団に対するアレルギーは昔からある。昨日まで大丈夫だったはずの布団が今日になると突然拒否反応を起こすことがある。布団を被っていると喘息のようにゼイゼイと息苦しくなってしまう。そうなった布団は日干ししても布団カバーを取り替えてももう無理なのだ。捨てるしかない。布団だから、きっとダニが原因なのだと思う。子どものころはアレルギーなんてなにひとつ持っていなかったのに大人になってからはそれに悩まされることが多い。ひ弱な大人になってしまったものだなぁ。