ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

交換時、捨て時

靴下

下着を交換するタイミングって難しい。履きつくすとゴムがヨレヨレになってきて、さすがにみっともない状態になる。「あと一回履いたら捨てよう」と思うのだが、履き終えたそれをついつい洗濯機に入れて洗濯してしまう。

 

「せっかく洗濯したのだから、もう一回だけ履いてから捨てよう」

 

そして、また何も考えずに履き終えたそれを洗濯機に放り込むものだから、いつまでたっても捨てることができない。いつまでたってもダメなわたしね。パンツは普通に履く分には問題ないのだが、それを干そうとしたときに太陽の光に透かしてみれば、お尻の部分だけが異常に薄くなっていることに気づかされる。真っ赤に流れる僕の血潮。

 

「さすがにもう十分履いただろう。あと一回履いたら捨てよう」と考えては、同じことの繰り返し。せっかく洗濯したものを捨てることができない。靴下やストッキングであれば、穴が開いてしまうとさすがにみっともないので捨てざるを得ない。ストッキングは履かないけどね。パンツはいざという時以外はひとめに触れることはないので、多少ヨレヨレだろうがついつい履いてしまう。おしゃれは見えないところから!パンツのゴムがダルダルになっていると気持ちまでダルダルになるね。僕の気持ちを確認したければ、まずはパンツの状態を確認してみるといい。

 

同様に冬物の服も春が終わった頃には捨ててしまおうと意気込んだりするのだが、いざとなると捨てられない。貧乏性なんだよね。今使っているものが少し古くなったからといって捨てられないのだ。誰の目にも明らかにみすぼらしくなれば買い換えることができる。今使っていないものも戸惑うことなく捨てることができる。モノには思い出を投影させないタイプだし、減価償却が終わったモノに対し、元の価値をかんじることなど、まずあり得ない。

 

使っている食器を捨てて応量器に買い換えることはハードルが高いし、プラスチックの衣装ケースを捨てて葛篭に変えることもまたハードルが高い。風呂に入るときに使うタオルは穴が開くまで使った。作業用として履いていたチノパンも膝の部分に大きな穴が開いて、さすがにこれでは夏になったら蚊に刺されて痒いだろうと思ったので買い換えた。作業服の一着はとても臭くなったので迷わず捨てた。パンツも臭くなれば、迷わず捨てられると思うのだが、そのような状態になるのもいかがなことかと思う。