ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

一旦逃げるとそこに戻るのは難しい

継続

ぎっくり背中は安静にしていたおかげか三日ほどでだいぶよくなった。ネットで調べる限り一週間は痛みが続くということだった。それが半分の大変さですんだのだからうれしいに決まっている。この間は背中をひねらないようにと気を付けた。右を向くときは体ごと右を向いた。足元のものを取るときはひだを折り曲げ、女形のように上品に振る舞った。そうしないと背中が痛いからね。

 

 

そんな状態だから毎日の日課になっている筋トレは中断していた。背中に影響がないスクワットや軽いストレッチは続けた。さすがにいつまでも筋トレをサボっていたら、体が硬くなってしまう。それじゃなくても硬いのにさ。背中の痛みも治まったので、僕は一週間ぶりにいつもの筋トレメニューをこなすことにした。一番大変だったのが腕立て伏せ。30回を2セット行うのだが、1セット目でもうきつい。ハァハァなるし腕が笑う。「一週間ぶりの腕立てでこのザマとはな」と腕が笑う。2セット目は20回でやめておこうと思ったのだが、自分の腕になめられっぱなしなのはいけない。吐きそうになりながら2セット目を終えた。毎日続けていればなんてことないことも休んでしまうと再開時はつらい。

 

 

今、瀬尾まいこの「温室デイズ」を読んでいる。学校崩壊、いじめの話。今日も明日もいじめられることはわかっていても教室に通う。そして、いじめられる。相談室やフリースクールに通うことを勧められてもその道は選ばない。一旦逃げてしまうと、戻るのが大変だから。一度楽な道を選ぶとそこには二度と戻れなくなる気がするから。いじめられたことはないけど、少しわかる気がする。でも、僕だったら迷わず逃げると思う。

 

継続は力なり。掃除だってそう。「今日はいいや」と思ってしまうと「明日もいいや」となり、部屋は次第にホコリにまみれていく。ブログだってそう。毎日続けているから今日まで続いたのだと思う。「今日はいいや」と思って更新しないと一週間くらいあっという間に経つ。その間にアクセス数は減っていくし、アドセンスの収益は減っていくし、それと比例するようにブログに対するモチベーションだって下がっていくのだと思う。

 

 

一旦やめると、再び始めるのが難しい。 楽な方へ楽な方へと流されてしまうのが僕だから、流されないようにその場で踏みとどまって頑張る。とかいいながら、週末はダラダラと過ごしたけどね。