ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

ランタン生活

電気

今月の電気代は1700円くらいだった。これって絶対安いよね?先月の電気代も実は同じくらいの値段だったらしい。気がつかなかった。先月分を喜び損ねて損した。今の時期に常に使う電気といえば照明とパソコン、スマホの充電くらい。他にはトースター、炊飯器、洗濯機。たいした頻度ではない。電気代の安さを実感すると、もっと安くならないだろうかと考える。次に挑戦してみたくなる。

 

この記事に書いた台所の照明は使用できないままだが、今でも別段不便ではない。台所には照明がひとつあれば充分みたい。台所照明に持ち運べるあかりが欲しいなぁと思っていた。無印良品のそれが真っ先に思い浮かんだのだが、世の中には似たような商品はあるわけで。エムパワードのLEDソーラーランタン。

 

 

 

太陽光で充電できるので節電になる。しかもペチャンコに折りたためる。使うときは風船を膨らませるみたいに膨らますんだって。見た目もおしゃれでかっこいい。だけども台所にこれは必要なさそうだし、今の僕の生活スタイルで使う場面が想定できない。超軽量で重さは約100グラム。防水なのでお風呂でも使える。お風呂でも使うのかっこいいかも。備え付けの照明は一切使わずにこのランタンだけで生活してみようか。六時間から十二時間連続点灯できるというから普段使いには充分。梅雨のときはお日様出てないから充電できないかな。充電が切れたら寝る。家の中でサバイバルだね。

 

冬の間は飼っているオカヤドカリが寒がるから、彼らの寝床は電気毛布でグルグル巻きにして温めていた。沖縄育ちの彼らは寒さが苦手。本土にきてだいぶ経つのだから、そろそろ寒さに慣れてくれれば電気代もかからずに助かるのに。次の冬は甘やかさずに極寒の中で育ててみようか。

 

ソーラーパネルの設置を考えたこともあるのだが意外と大変みたい。検討したのは屋根に取り付けるような立派なやつじゃなくて自作のこじんまりとした自家発電ね。だいたいが自家発電なんてやるとモノが増える。だからダメ。それよりもどうしたら電気を使わない生活が送れるかを考えたほうがよさそう。

 

不必要に電気を使いすぎなんだと思う。3.11直後のあの暗い街の様子が僕は好きだった。それがいつの間にか元のギラギラした明るさに戻っちゃったよね。自分のところだけは明るくして客をおびき寄せようなんて考えるものだから次第に明るすぎる街になってしまうんだ。ほんのりと明るいくらいが風情があっていいと思うけれど、大半の人はそうは考えていないんだね。残念だ。