ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

Amazon定期便のワナ

アーモンド

数ヶ月前にAmazon定期便でアーモンドを購入した。理由はただひとつで値段的に納得できたからだ。260g入りで648円。5袋を三ヶ月に一度配達してもらうようにした。この記事にあるように僕はできるだけ在庫を持たないようにしている。三ヶ月で5袋は少ないかとも思ったが、足りなければ追加すればいいしね。そして六月下旬頃、案の定、アーモンドの在庫が切れた。確か次回の配達予定日は七月上旬だったはず。歯が痛くて硬いものをあまり食べたくなかったから、在庫がないことも気にせずにいた。

 

「そろそろアーモンドが届く頃なんだけどなぁ」

 

そう思ってAmazonのマイページを覗いてみた。次回の配達予定日は二週間先だった。少し時間が空き過ぎるので、予定を変更し最短で届けてもらうように変更した。変更すればその旨メールで届くよね。変更日に問題はなかったので、その日は安心して寝た。次の日の朝、メールをチェックしているときにAmazonからのメールが二通届いていることに気がついた。価格改定のお知らせだった。

 

「一応伝えとくけど、値上げしてるからね」

 

一袋648円だったはずのアーモンドは、1080円に値上がりしていた。ハイパーインフレだ。英国がEUを離脱したことがアーモンドの価格に影響しているのか?日本の株価が必要以上に爆下げしたことが影響しているのか。理由はなんであれ価格が一気に1.7倍になるなんて許されることではない。僕はすぐさまキャンセルした。危ない、危ない。定期便だと10%OFFになるからお得だと思わせてからの値上げというワナ。危うくそのワナに引っかかるところだった。

 

甘い誘いにはワナがある。美味しい話なんて転がってないんだ。まあ、メールでお知らせしてくれるだけ救いがあるけどさ。以前はLOHACOでアーモンドを購入していたのだが、そこでは或る日突然取り扱いが中止になった。そしてAmazonでの価格改定。そんなにアーモンドの供給ってのは安定していないものなのか。それとも、またどこからテレビ番組でアーモンドが美容にいいとか紹介して品薄になっているのか。どこでアーモンドを買うかでまた悩まないといけない。少しでも得をしようと思うと精神的に疲れる。