ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

500記事達成の気持ち

はてなブログ

ようやく500記事を超えた。今日の記事で502記事目だ。中途半端だね。本当はキリのいい500記事目にこの記事を書きたかったのだけれど、すっかり忘れていた。あと6記事、あと5記事と直前までカウントダウンをしていたのに。なんてこった。まあ、大した問題でもない。痛くもかゆくもない。

 

100記事書いてわかったこと」なんていうブログをたまに見かけるが、僕は500記事書いても何もわからないし、たいしてかわったようにも思えない。記事を多く書けばいいってもんでもないけど、書かないよりはいい。やったもん勝ち。やったこともない人間に言われたくはない。「闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろう」って言うだろう?

 

かわったとすれば、書くことにこなれてきた気がする。前よりもスラスラと文章が書けるのだ。行き詰ることが減った。特に記事の文字数が500を超えてくると難なく書けるようになる。僕は1記事1000文字くらいで収めたいと思っているから、それを意識して書くのだが、時折それをオーバーすることがある。その時は文章を削って1000文字に近づける。せっかく書いたのだからそのままでもいいじゃないかと思うかもしれないが、自分の想定している文字数よりも多くなると、その分無駄な文章も多くなっているのだ。無駄が多いと読みにくい。だから削る。この記事の最適化作業を怠らないように気をつけている。反面、800文字くらいで終わることもある。その場合は無理して1000文字には近づけない。無理に文字を付け足すと、それはそれで読みにくくなる。

 

最近ではひとつのキーワードが頭に浮かんだら、それを元に記事を書くというスタイルが増えた。以前はある程度、頭の中で記事を構成して「よし、これだったら記事にできる」と確信できなければ記事は書けなかった。それが今ではひとつのキーワードを頼りに白紙の画面をあてもなく彷徨っている。どこに行き着くかわからないから面白い。文字に文字を重ねていく。「ふぅん、僕ってこんな文章書けるんだ」と自分でも驚く。最近たまに物語っぽい記事を書くことがあるのだけれど、あれなんてまさにそう。結末なんて考えていない。行き着くところに行き着いた感じ。自然と「ブログを書く」ということを意識して生活しているから書けるのだと思う。毎日ブログを書くということは、自分にとっては考える生活を送ることだ。書くことと考えることが同居している感じ。ふたりは仲良しだ。