ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

他人の部屋から自分の部屋の快適性を見つけ出す

 部屋

今回のAirbnbでは四泊五日で部屋を借りた。道路沿いに位置していたが防音がしっかりしているのだろう。騒音はさほど気にならなかった。前回部屋を借りた時も道路沿いに面した位置だったが、そこは緊急車両の通り道だったらしく、ひっきりになしにサイレン音が鳴り響き、眠れたものではなかった。今回の部屋には耳栓まで用意してあったが僕には必要なかった。歯ブラシや使い捨てのスリッパまで用意されていた。個人宅でここまでの用意は珍しいんじゃない?まあ、まだ二回しかAirbnbを利用していないのでなんともいえないけど。

 

部屋には数冊の本もあった。社長日記やSEO対策、Googleアナリティクス関係の本など。趣味でウェブサイトでも構築しているのだろうか。仕事で行っているのだろうか。はたまた夢を追いかける途中なのか。本棚はなんとなくその人がどういう人なのかが垣間見える。僕のうちには本棚はない。僕の知識は全て借り物だ。

 

本

 

僕はいつも旅にはカバン一つで出かける。今回もそう。今の時期は衣類がかさばらないので特に荷物は少なく感じる。大きなトランクをゴロゴロと転がしている人を見ると、あの中には一体なにが入っているのだろうと不思議に思う。

 

そんな少ない荷物なのだが、それらをカバンから取り出した途端に部屋はわやになる。衣類、メガネケース、歯ブラシ、本、財布など持ってきたものが散乱する。これはどういうことだろう。そうか、それらをしまう場所がこの部屋にはないのだ。ここは借りている部屋だから、自分のものを勝手にそこいらにしまうわけにもいかない。歯ブラシは洗面所、衣類は衣装ケース、財布はいつもの棚。そうやって収納する場所が決まっていれば、モノが散乱することはない。

 

部屋が散らかる理由はモノが多いとか少ないとかではなく定位置があるかどうか。そんな当たり前のことに改めて気付かされた。モノが多いのに、なぜだかスッキリと心地のいい空間もある。それはそんなことが理由なのかもしれないね。僕がこの部屋でお借りしたモノは以下の通り。

 

  • 冷蔵庫、コップ、包丁
  • 洗濯機、洗剤、物干しハンガー
  • ハンガー
  • 机、寝具、ドライヤー
  • エアコン 
  • シャンプー類

 

持ってきたもの+上記のモノがあれば、とりあえずは快適に暮らせるみたい。だとしたら僕の家にあるもので不要なモノはなんだろう。単純に引き算をしたのが答えってわけでもないから選択が難しい。