ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

家計の見直しを行い15万円の削減に成功した

電卓

このブログをはじめたのをきっかけに家計の見直しを行っていました。無駄な支出はできるだけ抑えたい。誰もがそう思うでしょうが、なかなか面倒な作業で腰が重いですよね。ついつい「ま、いっか」と思ってしまいます。

 

でもね、最低限固定費の見直しは行うべきです。保険、通信費、各種サービスとの契約。固定費は一度見直したら、その効果はずっと続きます。

 

一方で食費や交際費等を抑えるのはいずれ無理が生じます。無理をするとリバウンドします。「たまには贅沢してもいいよね」と。結局、プラスマイナスゼロ、もしくは赤字になる。交際費をおさえてストレスを感じた分、損です。

 

 

家計の固定費の見直し

私は一年以上をかけて固定費の見直しを行いました。なぜそれだけ時間がかかったか?新聞ケーブルテレビの契約は年間で行っていました。その契約のタイミングもあり時間がかかりました。ですが、そのタイミングがくるのはあっという間です。いざそのときがきて「ま、いっか」とならないようにしっかりと準備をしておきました。

 

具体的には契約内容の確認、更新日などです。更新のタイミングは実際の契約の一ヶ月前なんてところも多いですから、タイミングを逃さないようにしっかり確認しておきましょう。あとは気持ちの準備です。絶対に解約するんだという強い意思が大切です。

 

固定費削減の具体的な内容

金額は年ベースで表示しています。

 

廃止
  • 火災保険・家財保険:14,400円
  • 新聞購読:27,000円
  • ケーブルテレビ契約:19,440円
削減
  • 車両保険:13,000円
  • 浄化槽維持費:12,000円
  • スマホ通信費:67,200円

 

年間家計削減合計

153,040円となりました。月ベースで13,000円弱です。スマホの通信費の削減は大きいです。保険もネットを使えば同じ保証内容でかなり安く契約できたりしますから、見直す価値はあると思います。

 

次に見直すべきは

うちにはまだ固定電話があります。プロバイダと契約しフレッツ光でWiFi環境を構築しています。それを見直すべきかどうか。結構、ネットに頼った生活をしていますから回線が遅いのは困る。モバイルWiFiが自宅で使えるかどうか。電力会社の見直しもすべきかもしれません。変動費の見直しは今のところ行うつもりはありません。ラテマネー的な使い方はしていませんし、最近では買い物等で後悔したこともありません。ムダのない生活が徐々に身についてきているように思います。