ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

自分の都合のいいように解釈することの大切さ

傘

「白線からはみ出たら地獄に落ちるってことね」

 

僕は今朝、そんな気持ちでウォーキングに出かけた。天気予報は雨。つかの間の休息だろうか。外を見ると雨は降っていないが、どんよりとした曇り空はいつ降りだしてもおかしくはない模様。

 

「途中で雨が振りだしたら僕の負けってことね」

 

そう言って僕は朝のウォーキングに出かけた。片手にゴミ袋を持って。今日はゴミを出したい日だった。僕は月一回程度しかゴミを出さない。一ヶ月でようやくゴミ袋一杯にゴミが溜まるかどうか。そんな程度だから。

 

ゴミを出すという理由がなければ、僕は朝のウォーキングに出掛けようとは思わなかったはず。雨が降りそうなのに、それを承知で出掛けるのもね。バカらしいよね。

 

今から考えれば、傘を持っていけばいいだけの話なのに、なぜか今朝の僕にはその選択肢はなかった。僕はその賭けに勝つことに懸命だったのだ。途中で雨が降ったら負け。そんなどうでもいい賭け。小学生の頃の発想となにもかわらない。

 

「次に出会った人が女の人なら俺の勝ちな」

 

1/2の確率。それは努力したってかわらないこと。自分じゃ考えたくないから、運命に身を任せる。次に会うのは誰か。雨が降るかどうか。僕の力じゃどうにもならない。

 

「たぶん大丈夫」

 

根拠なき確信。ゴミ回収場にゴミを置き、歩き続ける。このまま家に引き返す選択肢だってあったはずだ。

 

「あの曲がり角まで行ったら引き返そう」

 

曲がり角にたどり着く。もう少し先に行けそうな気がする。

 

「あの魚屋まで行ったら引き返そう」

 

目標変更。もう少し先に進むことにする。その途中。雨がポツリ。一滴二滴と僕の顔を濡らす。

 

「あー、やっぱ無理。引き返そう」

 

どうやら僕はこの賭けに負けたらしい。ちくしょう、欲張るんじゃなかった。最初の曲がり角で引き返しておけば、僕はギリギリこの勝負に勝てていたかもしれない。髪が濡れる。服が濡れる。さいわいにも雨足は強くない。急いで引き返せば大して濡れずにすみそう。足を早める。雨足に負けるもんか。あと少し、もう少し。強く降らないでくれ。

 

「あー、よかった。あまり濡れずにすんだ」

 

自宅の玄関までたどり着いたそのとき。

 

ザーーーーッッッ。

 

一気に雨足は強くなった。

 

「賭けに勝ったようなものだな」

 

ものは考えよう。自分に都合のいいように解釈したほうがしあわせだ。