ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

センスのない部屋を紹介します

Airbnb

週末は最近、マイブームになっているAirbnbで部屋を借りて過ごしていた。ホテルとはまた違った感覚で旅を楽しめるのでいい。今回の部屋のオーナーさんは実にまめに連絡をくれた。「週末は雨のようなのでお気をつけくださいね」などと、いかにも定型文ではないメッセージに好感を覚えた。しかし、借りた部屋は少し変わった部屋だった。

 

まず、エントランスの無駄な豪華さ。パルテノン神殿のような巨大な丸い支柱。借りた部屋は決して豪華ではなく、普通のワンルーム。それとこのエントランスの豪華さが釣り合わない。マンションの中央は吹き抜けになっている。ちょっとした池みたいなものもある。いや、今日は雨が降っていたらから、たんなる水溜まりだったのかもしれない。

 

福岡

 

部屋数はそんなに多くないはずなのにエレベーターは四基ある。そのうちの二基はガラス張り。ガラス張りのエレベーターがマンション吹き抜けの中央にあるものだから、丸見え。どんな人が住んでいるとか、何時に帰ってきたとかわかってしまいそう。エントランスは妙に段差が多い。しかも薄暗いのでつまずいてしまうという危ない造りになっている。

 

福岡

 

そして部屋。独り暮らしをするにはちょうどいいくらいのワンルームなのに、なぜかキッチンカウンターがある。それが部屋の中央に位置しているものだから実に邪魔なのだ。ガスコンロはそこに備え付け。部屋の真ん中にガスコンロがある形になる。この部屋のレイアウトを考えると、ベッドの横で料理をするこになる。そんなのイヤだ。枕が飛び散った油でベタベタになるもの。

 

福岡

 

バストイレは一緒なのだが、なぜだか浴槽とシャワーを浴びる部分が別々になっている。その中央に洗面台がある。まず、浴槽とシャワー場所は一緒でよい。別々にしてしまったものだから、どちらも中途半端に狭く、使い勝手が悪い。ナゾなのは中央の洗面台だ。なぜこんな場所にあるのだ。はじめてみたぞ。別段、おしゃれというわけでもない。とどめは、ドアが透明なガラスであり、なかが丸見え。便器も丸見え。やだよ、そんなの。

 

福岡

 

このマンションの情報をネットで検索してみた。駅近なのに想像以上に家賃が安い。二万円台の部屋もひとつだけだがある。事故物件?他の部屋も総じて安い。まあ、使い勝手の悪い部屋だから人が集まらないのはわかる。こだわり過ぎちゃって失敗したんだな。なにごとも無難なのがいい。

 

Airbnbに関する記事はコチラのカテゴリーから