ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

アレルギー検査を受けるまで

注射

アレルギーの検査に行ってきた。最近の僕はこの記事にある通り会社にいくとアレルギー反応が出る。目は痒くなり、鼻水はとまらない。くしゃみは出るし、頭はボーッとしてくる。先週の金曜日にこの症状になった。会社に出向いていない週末は比較的穏やかに過ごせたのだが、月曜日に出社するとまた同じような症状に悩まされた。自分の机があるフロアにいると症状がひどくなるので、今日は一日、会議室に閉じ込もって仕事をした。

 

「今日もアレルギーが出れば病院へ行こう」

 

そう思って、あらかじめフレックスで早めに出社していた。ここ五年くらいは年に一、二度このような症状に悩まされる。今回ははじめて湿疹も出た。最近ではこういうものができると治りづらいばかりか跡が残る。年だなぁ。そんな理由もあって早めに病院で治療をしたいと思った。

 

僕がいったのは皮膚科。皮膚科にはアレルギー科が併設されている病院も多い。この病院は人気の病院で二、三時間またされることなどザラ。でもきちんとした対応をしてくれるので、その待ち時間も苦にはならない。どうせ本を読んで待っているのだし。

 

「で、どうします?目薬と塗り薬と、えーっと」

 

三時間の待機の後、いきなりどうするかと聞く先生。急いで結論を出そうとするな。三時間も待った甲斐がないじゃないか。まあ、そのあとはきちんと話を聞いてくれたのでよし。

 

  • 自分がいる場所によってアレルギーが出たり出なかったりする
  • 年に一、二度このような状態になるが二日程度ですぐに治る
  • 季節も関係ない

 

このような症状は珍しいのだろうか。「それって本当にアレルギーなのかな」と呟く先生。確かに僕も不思議に思う。「布団にアレルギーがあるのは認識してるんです」と伝えるも「あ、そう」と興味もない様子。まあ、会社のフロアがダニだらけってことも考えられないしね。

 

「湿疹っていうのは、どんな感じ?」

 

脇腹の湿疹を見せると先生は即答した。

 

「それはアレルギーとは関係ないね。毛虫だよ。草とか触らなかった?」

 

そういえば週末は庭掃除をした。そのときにやられてしまったのだろうか。今日も何人か同じような症状の患者さんがいらしたらしい。この時期の庭掃除は要注意ってことだ。僕はたまたまアレルギー反応と湿疹が同時に出てしまっただけのことらしい。まぎらわしいなぁ。とりあえず湿疹の方は注射を打つことになった。

 

リンデロン注2mg

炎症やアレルギー、過剰な免疫力をおさえる働きのほか様々な働きがあります。

 

ネオファーゲン静注20mL

炎症やアレルギーをおさえる働きがあります。

肝臓の働きを改善するお薬です。また、湿疹や皮膚炎などを改善するお薬です。

 

 原因不明のアレルギーは飲み薬で対応。

 

オロパタジン酸塩塩 錠5mg

アレルギー性疾患の治療薬です。アレルギー性疾患、湿疹、蕁麻疹、皮膚のかゆみの症状を改善します。

 

アレルギー検査を申し込んだ

「アレルギー検査をお願いしたいんですど」

 

僕は自分がなんのアレルギーなのだかを知りたかった。アレルギー検査には様々な種類がある。ダニ、ハウスダスト、犬、小麦、アーモンドなど、ざっと見ても百種類以上はある。

 

「どれにします?」

 

検査費用は一件で四百円。どのアレルギー検査をしたいか自分で選べというのだ。なんのアレルギーかわからないから調べたいのに選べとは無理難題だ。どれを選んだらいいのか迷う。

 

「そんなあなたにお特なパックがあります。39種類のアレルギー検査ができて、今なら驚きの四千円でのご提供です!」

 

セット販売というのはどこの世界でもお得らしい。ハウスダストやヒノキなどの自然系が半分、食べ物系が半分のセット。アレルギーの王様みたいな名前が勢ぞろいしている。僕は迷わずこれを選ぶ。いざ採血へ。アレルギー検査は血液検査なのだ。

 

ベッドに横になった僕の腕に針を刺す看護士。

 

「あー、どうしましょう。大変なことに。誰かぁ、誰かぁ」

 

慌てふためく看護士。なに、なにどうしたんだ。そんな声だすなよ。僕の方があんたよりも100倍不安だよ。寝かされているので様子がわからない。どうやら、なにかの液が飛び散ったよう。やれやれ。

 

「服にはかかっていないから大丈夫です」

 

家に帰って来ていた服をみると、しっかりと汚されていた。やれやれ。ちゃんと謝れ。

 

ちなみにアレルギー検査の結果は四日後。僕は一週間後に受けとる予定。結果は後日に。