ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

忙しさは重なるもので、ヒマは突然やってくるもので

休憩

また少しヒマになった。仕事の話ね。システム稼働は来月に入ってから。利用者のみなさんは新しいシステムの操作を覚えるのに必死なのだと思う。現場担当者のひとりにはしっかりと操作を覚えてもらった。あとはその人から伝達教育という形でみなさんに操作を覚えていただく。その間に僕は仕様書や運用マニュアルなどを整備していたのだが、それも一段落した。

 

忙しいときには四つくらいの部署から一斉に仕事の依頼がきていて、僕はイライラしていた。忙しいときに限ってどうして仕事って重なるんだ。ふたつまでの仕事なら同時進行でもこなせるが、それ以上になると混乱してくる。混乱するとミスも多くなる。そのミスに対応するために余計な時間をとられ、ますます忙しくなる。悪循環の極み。

 

今なら僕はヒマだよ?なんの文句も言わずに仕事の依頼を受けるよ?だけどもそうはいかない。さてどうするかね。この間に有休でもとるかね。

 

そうそう、来月から僕たち出向者は一時的に有給休暇が増える。有休の運用が変わって、親会社が有休を管理することになった。だからといって出向先の有休は消えることはないみたい。そんな法律なんだって。一度、付与された有休は消えることはないんだって。これによって、この一年は有休が50日くらい付与されることになる。実際には今年度付与分の20日は今年度中に使うことはないから、実質年間30日の有休消化をしないといけないってことになる。有休をまとめてとれるのであれば一ヶ月くらい休みたいところだが、さすがにそうはいかない。

 

それにしたって30日もの有休を消化するのって大変だ。休むのに忙しいだなんて素晴らしいことだね。システム本稼働までのつかの間の休息。休めるうちに休んでしまおう。