ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

指時計が欲しいのだが、欲しい理由ってなんだろう?

指時計

僕は今とても気になっているものがある。指時計だ。かわいくない、これ?指輪のように装着する時計。なんともおしゃれだ。僕が気になっている指時計は写真のもので三万円を越える。時計としてはまあまあ普通の値段だけど、単純に三万円と考えるといい値段するように感じる。

 

Amazonで「指時計」と検索すると意外とたくさんヒットする。安いモノだと千円程度で買える。だけども、その見た目は値段相応。いかにも安っぽい。縁日で売られているおもちゃの指輪みたい。まあ、千円だと知っているから安っぽくみえるだけかも。僕はモノの価値なんてわかっちゃいない人間だから。

 

僕が気になっている指時計はmocoというブランド。特に三角形の指時計が気になっている。三角形の時計って珍しくない?アンティークな感じの作りも好み。見れば見るほど欲しくなるからあまり見ないようにしている。こうやって記事にすれば、それを手にしたつもりになるかもしれないと期待したが、今のところそうはなっていない。気になるものは気になるのだ。

 

僕はだいたいがアクセサリーを見につけるタイプの人間ではない。腕時計も身につけない。スマホをみれば時間はわかるから時計は必要ではない。アクセサリーも一時期は集めていたことがあるのだが、つけていると気になるのだ。

 

「なんか邪魔だな」

 

一度はやってみる。そして自分には必要ないことを知る。自分のモノにしないとわからないことは多い。体験してみないとわからないことは多い。テレビ画面を通して南の島のきれいな風景を見るのと、実際にそこを訪れることとは全く違うのと一緒。

 

僕はその指時計を手に入れてどうしたいのだろう。指は隠すところではないから人目につく。そして僕の指にはまっている指時計に気がつく。人は珍しいモノをみれば、それに興味を示すはずだ。話のキッカケになる。

 

「なにそれ?時計?かわいい。おしゃれ~!」

 

そうか、僕は「おしゃれだね」って言われたいだけなんだ。