ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

服を三着しか持っていなければ、それらは全てBest3

夏物

僕はこの記事で宣言したように夏用の下着類は処分した。夏の暑い時期には速乾性の極薄タンクトップ。寒い時期には長袖のヒートテック。インナーはほとんどユニクロで買う。白いタンクトップなのだが、ほかの白いシャツなんかと比べると、ずいぶんとくたびれた白に思える。もうじゅうぶん元はとったろう。夏の暑い日を一緒に過ごしてくれたタンクトップよ、おつかれさま。

 

暑かったり寒かったりの日がある時期だと、衣装ケースがギュウギュウ詰めになる。夏物を冬物が混在するからだ。冬物はかさばるからキライ。でも僕を暖めてくれるから好き。僕はこの衣装ケースにはいる分しか衣類を買わないようにしている。ハンガーにかけてあるコートなんかは別だけど。

 

上段の衣装ケースには靴下、下着類、てぬぐい。夏はスカスカになるのでTシャツも収納する。下段の衣装ケースには基本的にはズボンのみ。余裕があればカーディガンなどを畳んで収納する。衣類がこれだけに収まるのは気持ちがいい。畳む服も少ないのでしまうのが面倒だと思わない。服が多いときは、とりあえず衣装ケースの上にバサッと脱ぎ捨てていた。一着でもこの状態にしてしまうと、あとはなし崩し的に衣類が山積みされていく。自分でつくった服の塚を見ながら深いため息をつく。

 

ため息をつかなくなっただけでも、服を少なくしたメリットはある。たくさんの服を持っていたときのメリットってなんだったのだろう?たくさん持っていてもお気に入りの服というのは決まっていて、出番の少ない服のほうが圧倒的に多かった。服を二十着持っていれば、ベスト10に入らない服は当然でてくる。服を三着しか持っていなければ、それは常にベスト3に入る。持っている服の全てがメダルをもらえるわけだ。

 

僕は先日服を買ったばかりだから手持ちの服が少し増えた。新しいものを買いながら、今持っているものは捨てようと思っていた。が、実際には手放していない。服というのは不思議と捨てられない。そりゃそうだよね。僕と密着した月日を一緒に過ごしてくれたんだもの。捨てるのは難しいから、またヤフオクでも再開しようかと思っている。