ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

格安SIMを使用して三ヶ月の感想

格安スマホ

格安スマホ、格安SIMに乗り換えたのが今年の八月下旬のことだから、あれから三ヶ月経過したことになる。それまで僕はソフトバンクで契約し、iPhoneを使用していた。iPhone4sを三年近く使用したのち、5sに機種変更した。ソフトバンクから別のキャリアに乗り換えようなどという選択肢ははなからなかったし、スマホ=iPhoneみたいなところがあったから、その選択も仕方がないものだと思っていた。

 

「どう考えたって毎月8000円は高いよなぁ」

 

電気代や水道代がそれぞれ2000円くらい。ガソリンだって月一でしか注がないから、だいたい4000円くらい。固定費の中でスマホに払う額はダントツ高かったのだ。5sを契約したことから二年縛りが終わる頃には格安スマホに乗り換えようと思っていた。それに関する知識を得る期間としては二年なんてあっという間。どのキャリアがいいんだろう?音声あり?なし?通信量の上限はどのくらいで契約したらいいだろう?そもそも格安なんかで大丈夫だろうか?悩むべきことは沢山あった。選択肢が多すぎると疲れる。実店舗に行けば、まだまだ三大キャリアが大半を占めているのが現状だけど、格安スマホ、格安SIMの選択肢は確実に広がってきている。

 

三ヶ月後のレビュー

悩んだ末にスマホはHuaweiのP9liteにし、キャリアはNifmoにした。この間、ほとんど不満はなかった。動作に若干もたつきが感じられることもあるが、それも問題にならない程度。たまにカクカクなる程度。それさえもイライラの原因になるような人は格安スマホはやめたほうがいいと思う。

 

 アプリの通知がこないことがあるが、これは格安うんぬんの話なのかはわからない。Androidの問題?僕の設定の問題?通知が遅れて困ることはあまりないのでたいして気にもしてない。

 

通信料はだいたい1G前後なので、上限3Gプランで追加料金を払うことはない。1500円程度でおさまっている。ゲームは一切しない。Wifiではない環境で動画を見ることもない。なのでこのくらいの通信量でおさまっている。

 

僕はスマホを変えてから、スマホの活用方法がわからなくて困っている。今のスマホですることといえば、ネット検索かブログ更新くらい。他にはスケジュール管理、Gメール、写真を撮るくらい。この程度の使い方しかしていないので月額1500円程度の格安SIMでじゅうぶんなのだ。