ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

惰性で書くことの意味

鉛筆

僕はここ最近結構無理やり記事を書いている。というようなことを記事にしなければいけないくらいに書くこともない。それなのになぜ毎日書き続けているかといえば「毎日書くということを決めた」からである。少なくとも二年は書き続けようと思っていたが、どうやらもちそうにもない。だから今は「少なくとも年内は」と思っている。あと一ヶ月。大丈夫だろうか。大丈夫さ、きっと。なんてことはない。無理やり記事を書くという体験もしておいていいだろう。

 

一応ネタはあるので書くには書けるのだが、そのクオリティが圧倒的に下がってきている。これは自分の気持ちの問題で記事を書き終えたときに「よし、書けた!」という達成感みたいなものが感じられないのだ。「今の自分って惰性で記事を書いているよなぁ」そんな気持ちなのである。自分で決めたルールで自分が締め付けられている。そんなルール破ったところで誰も困らないじゃないかとも思う。だけども、年内までは書き続けるというルールを破ってしまうと後悔する気もする。「結局、自分なんてこの程度なんだなぁ」ってマイナスの感情を抱いてしまうことになりそう。

 

こんな気持ちになるのもここまで書き続けてきたからこそのものだ。やらないよりもやったほうがマシ。やらない人間にとやかく言われたくない。やってから文句言えよ。僕はとかくそんな気持ちになることがある。口じゃなんとでも言えるんだよ。

 

年明けたら毎日ブログを書かなくてもいいんだっていう開放感。それって受験勉強が終わったときの開放感にも似ているような気がする。いちばんこわいのは、それを機にグッとブログの更新頻度が減ってしまうことだ。「ま、いいか」って思ってしまうのが僕なので、そうならないように気をつけたい。今の気持ちは今綴る。

 

ちなみにこの記事も惰性で書いた。