ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

靴の中敷き購入日記

インソール

僕は今、を三足しか持っていない。一足はスニーカー。残りの二足は革靴だ。先日、こんなコートを買った。これにスニーカーは合わない。合わせるとしたら革靴だ。この冬はコートをメインにしたい。旅行にもこのコートで行きたい。とすれば革靴を履く選択肢しかない。革靴を履いて歩くと疲れる。通勤時に少し歩くだけでも足が痛くなる。さて、どうしよう。

 

「世の中には中敷きってもんがあるよ」

 

誰かがそう囁いた。そうか中敷きか。クッション性のある中敷きを買えばいいんだ。実店舗で色々試してみるのがいいのかもしれないけど、それって可能なのだろうか?今履いている靴の中に売り物の中敷きを次々と入れて試すのはどうも躊躇われる。とすればAmazonだよね。早速検索。とりあえずレビューをチェック。

 

Heal foot 足が疲れにくい靴にするための衝撃吸収インソール <人体工学に基づいた設計>

 

悩んでも仕方がないし、これでいっか。決め手は「足が疲れにくい靴にする」という謳い文句。疲れないことが目的だから。中敷きなんてどうせ見えないしデザインにこだわることもなかろう。とはいえ、あまり派手な色をしたものも困る。僕にしてはわりと即決で決めた。

 

インソール

 

で、届いたのがこれ。弾力がある。結構、厚みもある。大きければカットできるみたい。早速、革靴の中に入れてみる。靴のサイズは26.5センチ。買った中敷きはMサイズで長さが27センチだけどつま先が全然余る。逆に幅は少し大きいように感じる。

 

インソール

 

履いてみた感想だけどね。厚さ1センチの中敷きは少し厚すぎる。履くと横に押し出される感じで、いかにも窮屈そう。だからといって痛いわけでもないし、窮屈感があるわけでもないんだけど、革靴が痛みそうだ。

 

少しだけ履いて歩いてみたけどクッション性は抜群。フワフワとしてまるでレッドカーペットの上を歩いているよう。もちろん歩いたことないけど。フワフワ感が不安になるくらい。ひとまわり大きい靴を買ってこの中敷きを入れるってのもありかなぁ。

 

ただ残念ながら今の革靴には合わないので別のものを探そうと思う。厚さが5ミリくらいのやつ。

 

参考

大きすぎたら自分でカットして調整もできます。

インソール