ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

なぜ、それがそこにあるのか?

石

車に乗ろうと運転席のドアを開けたときのことだった。

 

「え?どういうこと?」

 

タマゴ大の大きさの石がそこに転がっていた。石というよりもコンクリートのかけらのよう。どうやってここに入り込んできたのだろう?つい四時間前に車の運転をしたばかりで、そのときはこのようなものはなかった。だとすれば、僕が車を降りた直後からの四時間の間になにかがあったのだ。車のドアは閉まっていた、、、はず。いちいち確かめるわけでもないから確信はない。

 

車は会社の駐車場に停めていた。駐車場にこのような石が転がっている可能性は低いように思う。車が跳ねると危険だし、あまり見かけるような大きさの石ではない。仮にこれが転がっていたとしよう。どうやって僕の車の中に入ってきたのだろうか?

 

車のドアが開くのは僕が乗り降りするときのみ。僕が石を蹴り上げてしまい、車の中に入ったのだろうか?あれだけの大きさの石を蹴れば気が付かないはずはない。もし仮に蹴飛ばしたのだとしても地面から車の床までは十数センチの高低差がある。それを器用に蹴り上げたなんてことが考えられるだろうか?いや、考えられない。僕はサッカーが大の苦手なのだから。

 

だとすれば、僕のカバンやコートのポケットに石が入っていて、それがなんらかの拍子に落ちたのか。いや、そんな石を持ち歩く習性は僕にはない。なんのためにコンクリートの欠片を持ち歩かなくてはいけないんだ。

 

靴底に挟まっていた、、、んなわけがない。とても靴底の溝に挟まるような大きさではない。仮に挟まっていたとすれば、僕は歩くのが困難で駐車場までたどり着けなかっただろうと思う。知らない間に小人が石を運び込んだか。いや、小人に車の鍵を預けた覚えはない。

 

やはり僕以外の人間の仕業と考えるのが妥当ではないだろうか。閉めたつもりの車の鍵は開いていた。犯人はそっと車のドアを開け石を置いた。なんのために?ブレーキを効かなくするためだ。犯人はブレーキの下に石を忍ばせておきたかったのだが、なんらかのアクシデントで石は転がり出てきた。ブレーキの下に石が挟まっていれば、ブレーキを踏んでも効かない。そうか、僕は命を狙われたんだ。僕の存在が疎ましい人間がいるのだ。

 

いや、そんなわけはない。僕はとてもいい人だから、恨みを買って命を狙われるなんてことは考えられない。

 

やっぱり小人の仕業だと思う。