ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

セルフメディケーションでいくら税金が戻ってくるのか?

セルフメディケーション

コチラの記事でも紹介したセルフメディケーション税制をもう少し詳しく紹介したいと思います。

 

セルフメディケーション税制とは

特定の成分を含んだOTC医薬品の年間購入額が合計一万二千円を超えた場合に適用される制度です。

 

いくつか制約もあります。例えば以下のような制約があります。

  • 従来の医療費控除とは併用できない
  • 健康診断や予防接種などを受けている人
  • 所得税、住民税を払っている人
  • 確定申告をする必要がある

 

対象商品は?

対象商品にはこんなマークが表示されますので、これを目印にしたらいいですね。

セルフメディケーション

 

また、もらったレシートにもその旨、表示されています。レシートに手書きで表記される場合もあるようです。レシートは一年間保管しておきましょう。

レシート

 

いくら税金が戻ってくるのか?

翌年、確定申告をすることにより所得税と住民税が戻ってきます。具体的にはいくら戻ってくるのでしょうか?

 

 こちらのサイトで計算してみました。

www.jfsmi.jp

 

以下の表は、縦が医薬品の購入額です。横が年間所得です。年間所得が500万円で医薬品購入額が20,000円の場合、所得税が1,600円、住民税が800円、合計2,400円が確定申告により戻ってくる計算になります。

セルフメディケーション

 

この表を以下にグラフ化してみました。所得別にグラフ化しています。

 

年間所得195万円以下の場合

セルフメディケーション

 

年間所得195万円から330万円の場合

セルフメディケーション

 

年間所得330万円から695万円の場合

セルフメディケーション

 

年間所得695万円から900万円の場合

セルフメディケーション

 

年間所得900万円から1800万円の場合

セルフメディケーション

ざっくりと年間の医薬品購入額が二万円から三万円で二千円〜三千円の返還がある感じでしょうか。医薬品購入額が少ないと当然、返ってくる額も少ないですから、費用対効果を考えて確定申告したほうがよさそうです。

 

注意)この記事で紹介した数値は全て参考値です。確定申告等をされる場合は各自の責任でお願い致します。