ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

穴の向こうに行けない男の話

夢

夢の話。家を見ていた。見ているのは兄弟が住んでいる家。現実のそれとは違って日本家屋の立派なお屋敷だった。しかし、僕はその家自体には興味がない。隣の家との境目はどこだとか、この溝はどっちの家のものだとか、気になるのはそんなところばかり。植木鉢に咲き誇っているのはワカメ。水中でもないのにユラユラとワカメが揺れている。今はワカメの季節なんですねとそんな世間話をする。

ワカメ

「こっち、こっち」と子どもたちに誘われて行ったのは家のすぐ横にある崖。その崖の一部に人間が通れるくらいの穴が開いている。上に向かって伸びる穴はわかずかに三メートル。くぐればあっという間に向こう側に行けそう。ここをくぐって光の射す方へ行こうと誘う子どもたち。

 

「無理だよ、崩れたらどうするの」

 

そんな僕の言葉なんて聞こえないかのように子どもたちは穴をくぐってゆく。崖に手をかける。地質は砂っぽくポロリポロリと壁面が崩れる。子どもたちの大きさ、重さであればなんの問題もないのだろう。大人の僕がそこをくぐったらどうなるか。壁面に少しでも体が当たれば、たちまちそこは崩れ僕はその穴に埋まってしまうだろう。

 

そうなるだろう

 

それは単なる僕の推測。実際にはくぐってみないとわからない。子どもたちが無事なのだから、僕だって無事にくぐれるはず。そう思うもくぐる勇気が僕にはない。穴の向こうに見える光をぼんやりと眺めているところで僕の夢は終わった。

 

あとがき

僕は先日も同じような夢をみた。親友は果敢にも海中へダイブしたが、僕にはそんな勇気がなかった。僕はどこへ飛び込みたいのだろうか?現実の僕には飛び込みたい場所なんてない。踏みとどまっているのには理由があるのだろうか。その勇気がないだけか。