ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

たったひとつのモノを買うのに悩む僕

箸

今使っている箸がボロボロになってきた。この箸は母が大量にストックしていたもののひとつ。

 

数年前のこと。台所を整理していると至るところから箸が出てきた。どれも百均で買ったような箸。未開封の三膳セットの箸。大量の割り箸。菜箸。使い古しが輪ゴムでまとめられたもの。使い古しの箸なんて捨てればいいのに。使えないわけじゃないからという理由でとっておいたのだと思う。

 

千手観音のようにたくさん手があったってこんなに沢山の箸はいらない。口はひとつしかないんだから。箸の数本だけを残し、ほとんどを処分した。残した箸は定期的に交換してその在庫を減らしていった。そして今使っている最後の一本もボロボロになってきた。

 

「そろそろ交換時期だよなぁ」と思い機会がある度に箸売り場を覗いていた。自分のために箸を買うことなんて生まれてはじめてかも。まあ、他人のために買ったこともないのだれけど。買うのであれば六角箸がいいなとずっと思っていた。以前に六角箸を作る職人のドキュメンタリーをテレビで見た記憶があって、それ以来の憧れなのだ。

 

調べてみると六角は幸運を招くといわれているらしい。また、亀甲をイメージさせるので縁起のいい形ともされているらしい。鶴亀は縁起物の象徴だよね。だけども僕にとってはそんなことはどうでもいい。職人が作る六角箸というものに粋を感じる。ただそれだけの理由でそれが欲しいのだ。

 

 

「箸のくせに五千円もしやがる」

 

六角箸は総じてどれも高い。一本あたりで考えても二千五百円もする。まあ、箸を一本単位で考えても仕方がない。僕にとってそこまでの価値があるのだろうか。普段、そこまで箸に注目することがあるだろうか。やはり百均の箸でじゅうぶんではないだろうか。六角箸以外も見てみる。一膳が五百円、千円程度のものも沢山ある。しかし、どうにも安っぽくみえてしまう。デザインされてないものがいい。木の素材そのままでいい。できれば六角がいい。値段とデザインとのバランスを考えると、どうもしっくりくるものがない。

 

たったひとつのモノを買うのにここまで悩むようになったのが最近の僕。モノを買う前の悩んでいる時間って意外と楽しいから、これはこれでいい。