ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

肝血管腫の疑い 原因と治療

 

血管

先日受けた健康診断の結果、異常が見つかった。腹部超音波検査の結果、肝血管腫の疑いがあるとされたのだ。要観察の範囲。軽度の異常が認められますとのこと。自覚症状なんてものはない。昨年までの検査結果はほぼAだったから、「肝血管腫(疑い)C1」の文字に不安がよぎる。

 

ちなみに健康診断の判定は以下の通り

  • A︰正常
  • B︰ほぼ正常
  • C︰要観察、指導
  • D︰要再検査
  • E︰要精密検査
  • F︰要治療
  • G︰治療中

 

肝血管腫はほとんどが良性の腫瘍らしく、肝機能障害がなければ特に問題はないらしい。他の肝臓に関する検査結果はどれも正常だから問題ないってことか。症状としては肝臓の血管が少し腫れているってこと。どんどん大きくなるものでもないらしいので様子見。これはよくある症状で女性に多くみられるらしい。どうも非定型歯痛にしろ寒暖差アレルギーにしろ、どうも僕は女性の症状が発生しやすいみたい。どういうことだろうね。

 


 

調べてみると肝血管腫は「血液が豊富に流れる腫瘍」とある。血管組織の異常によるものらしい。血液が流れすぎるのはよくないのだろうか?血液が流れすぎるとお腹などを激しく打った場合に大量出血の可能性があるという。ってことは、お腹を打たなければ心配なし。そもそもそこまで激しくお腹を打ったら、肝血管腫がどうこう以前の問題なような気もする。事故にあってるってことだしね。

 

治療について

治療は必要なのだろうか?腫瘍が小さく自覚症状がなければこのまま様子見。自覚症状があって気になるようであれば手術する場合もあるようだ。手術をする場合はそれ自体を切除することが一般的で切除したら再発の可能性はないらしい。

 

原因について

気になる原因だが、大きくふたつあって「遺伝」と「ホルモンバランスの崩れ」によるものがあるらしい。父親は肝臓を悪くしていたが、あれは単なる飲み過ぎの問題なので遺伝ではない。ということはホルモンバランスの影響?とか言われても注意のしようがないな。

 

心配することはない症状だということはわかったが、こういった結果を聞かされると、なんだかだ体の中がムズムズしてくる。「血管が膨らんでいるんだよなぁ」なんて思うと、それだけで具合が悪くなる。病は気からとはよくいったもの。