ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

バナナでタルトタタンを作った結果

バナナ

先日、タルトタタンを作った。はじめてにしては上出来。とはいっても、フライパンでカラメルソース作って、その上にリンゴを乗っけてホットケーキミックスを流し込んで焼くだけだから誰でもできる。誰でもできるにしては美味しかったので、アレンジして別のフルーツを使って、同じようなものを作ってみようと思った。

 

 

どんなフルーツがいいだろうか。せっかくだからフルーツたっぷりにしてみたい。バナナを使うことは最初から決めていた。あとはオレンジにするか。ブルーベリーもいいかも。

 

ブルーベリーていうのはとても優秀なフルーツらしい。アントシアニンが眼にいいのはなんとなくイメージできるよね。ブルーベリーの濃い青がアントシアニン色素。アンチエイジング効果、抗酸化作用、記憶力アップなどなど。僕は眼が疲れやすいからブルーベリーのサプリメントを摂取していたんだけど、サプリメントよりも生のブルーベリーのほうがいいだろうと考えて、数年前に切り替えた。時期でないときは冷凍のものをかうこともあるが、ほぼ通年で生のブルーベリーは売られている。

 

と、ここまでブルーベリーのことを語っておいてアレだが、結局ブルーベリーは使わなかった。オレンジも使わなかった。スーパーの売り場にそれはあったのだが、ご丁寧に「防腐剤使用」と書いてあったので買う気が失せた。はっさくやボンタンもあったのだが、それを使うのは違うような気がする。結局、シンプルにバナナのみのタルトタタンを作ることにした。

 

バナナ

 

前回つくったタルトタタンのカラメルソースは甘さ控えめ過ぎたので、今回は1.8倍くらいの量の砂糖を使った。2倍にしなかったのは気持ちの問題。砂糖を過剰にとりすぎることは控えたいけど、甘さは欲しいというギリギリのライン。どの辺がギリギリだかは知らないけど。と、ここで問題発生。なんだか焦げ臭い気がする。前回のカラメルソース作りではこんなに煙たくなかったような気がする。しかし、ここで後戻りするわけにはいかない。焦げ臭いカラメルソースの上に切ったバナナ三本分を適当に並べる。その上にクルミシナモンパウダーと半ばヤケクソに乗っける。その上から、ホットケーキミックスを流し込んで焼くこと10分。

 

シナモン

 

ひっくり返すと、全体的に黒い。ちょっとこれは写真でお見せできない。しかもバナナは柔らかいので、うまくホットケーキミックスと馴染むことなく、一部はフライパンに張り付いたまま。全然美味しそうじゃない。うーん、見た目は完全に失敗。その失敗を隠すように上からシナモンを振りかける。カラメルソースの焦げ臭さがシナモンの香りで緩和される。

 

タルト

 

いざ実食。見た目ほどまずくはない。むしろ想像よりも美味しい。けど、まあ、見た目って大事だしね。食欲をそそらない食べ物はダメだね。

 

へんにアレンジしようとして失敗する。調子に乗りました。