ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

顔が描かれたマシュマロがかわいい

マシュマロ

お土産に選んだ一品。アンファンのお菓子、プリントマシュマロだ。かわいくて一目ぼれした。僕はモノにかわいさは求めないタイプなのだが、このマシュマロは別。お土産として渡せばネタにもなる。

 

僕はこれを東京駅構内で買った。東京駅にはこの三月に新規出店したばかりみたい。丸の内南側の近くにある。

 

数は少ないが、他にも直営店は全国にあるみたい。

 

  • Jolie/Bonne(ジョリボンヌ) 松屋銀座店
  • 大阪愛シング 大丸松坂屋梅田店
  • J'm KOBE(ジェイムコウベ) 大丸松坂屋元町店
  • ガラスの中のアリス 大丸松坂屋名古屋店
  • Enfant(アンファン) 丸井今井札幌本店

 

 

僕が買った冒頭の写真のものは36個入りのプリントマシュマロでお値段1,080円。手ごろな値段だし、軽くて小さいのでお土産にはもってこいだ。箱もかわいいね。

 

マシュマロ

 

よく見れば同じ顔のヤツもいる。笑顔だったり、なにかを考えてる様子のやつだったり。そもそも顔じゃなかったり。

 

マシュマロ

 

ドアップにしてみた。

 

マシュマロ

 

左の人はアメリカで見たことがあるような気がする。右の人は長谷川町子のキャラクターみたい。三つ山の髪の毛をのっければ完全にサザエさんだ。

 

単なるマシュマロだけど、アイデア次第ではこんな風になるんだなぁ。だってさ、無印良品にいけば顔なしのマシュマロが100円で売ってるよ。その10倍の値段だもの。いやいや、そんな夢のないことを考えちゃいけないね。

 

食べた感想

見た目が特徴的なこと以外は普通のマシュマロ。中にいちごのムースが入っている。普通にマシュマロとして美味しい。顔をガブリと食すのは少し勇気がいる。間違っても中途半端にそれをかじり、その様子を眺めるなんてことをしてはいけない。

 

マシュマロの他にも

東京駅のその店舗にはこのマシュマロの他にもスマイルがプリントされたマーブルチョコレートやクッキーなどが売られていた。とにかく全部がかわいい。お土産のネタとしてはいいと思います。