ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

休みなのに忙しい日の日記

車検

今日は一度に用事をすませようと有給休暇をとった。観たい公演のチケット発売日が今日だった。車検と運転免許証の更新も行わなきゃいけないから、だったら今日、有給休暇をとってしまえと。

 

まずは車検を受けるために朝九時に車屋に向う。休みの日にこんなに早く行動することなんてない。車というのは本当に金がかかる。今回の出費は八万円強くらい。交通機関が不便な場所だからしかたがない。できるだけ長く乗って費用対効果をあげようと思っている。そうするには定期的なメンテナンスも必要。普段、僕は車の手入れは全くしないので、車検のときはその出費を惜しまない。

 

代車として用意してもらった車は自動でアイドリングストップされるタイプの車だった。ブレーキを踏むと自動的にエンジンが停止し、ブレーキから足を外すとエンジンがかかるらしい。そうだったのか。こういうタイプの車は毎回、人が手動でキーをまわしているものだと思っていた。そんな面倒な車なんて乗りたくないと思っていたが、どうやらそんなことはないみたい。停止中は静かだし、意外といいかもしれない。

 

チケット発売の時間は10時なのでいったん帰宅する。今日のメインは実はこれ。パソコンの前で待機する僕。イープラスやローソンチケットなどを利用するとシステム利用手数料をとられる。コンビニでチケットを発券すると、また手数料をとられる。先行予約を行えば、なんだかんだで千円近く手数料をとられる。窓口販売や電話予約がメインだった頃に比べ、手数料を取りすぎじゃないだろうか。ネット販売って普通は安くなるものなんじゃないの?

 

なんて文句を言いながらもチケットは無事入手できたので運転免許証の更新に行く。交通センターに行けば当日中に新しい免許を発行してもらえるのだが、そこまで行くのに車で一時間以上かかる。最寄りの警察署であれば近いが、当日中に発行はしてもらえない。後日受取りに行かないといけないのだ。郵送してくれればいいのにね。民間だったらきっとそうしてくれる。

 

僕は最寄りの警察署に行った。そこはまるで病院の待合室のよう。お年寄りの多いこと。交通の便がよくない地域だから、自分で運転したい気持ちはわかるけど、ちょっと不安になる。高齢者の事故は最近多いって聞くし。僕は会社務めをやめたら車は手放すつもり。きっとなんとかなる。

 

運転免許証の更新をする際には交通安全協会への入会も勧められるが僕は断っている。ずいぶんと前の話だが、どこかの警察の偉い人たちがこのお金で飲み食いをしているということが発覚していらい、僕はこれを断るようにしている。断ると免許更新のお知らせのハガキがこないなんて噂もあるが、そんなことはない。未入会の僕のところにもきちんと更新のお知らせが届いているから。

 

今回更に面倒だったのが、免許更新のための講習。前回までは講習とはいいながらロビー横で延々と流されている交通安全ビデオを適当に見ただけですんでいた。そんな状態だから、当然見ずに帰っている人たちもいた。

 

「14:30から講習会がありますから、その時間にまた来てください。そのときに講習会手数料として500円をお支払いください」

 

時間指定の講習会を受けなければいけないというのだ。制度が変わったのだろうか。しかも、ここでも手数料をとられるという。僕が警察署を訪れたのは午前中。まだずいぶんと時間がある。出直すしかない。三度も警察署に出向むくはめになった。

 

14:30までの間に買い物をすませることにする。買いたいのは無印良品の洗顔フォーム。これがすごくいい訳ではないのだが「悪くない」ので愛用している。以前に「洗顔料なんてどれも同じだろう」と適当に買ったことがあるのだが、自分には合わずに一度の使用で捨てたことがある。それ以来、洗顔フォームは無印のものと決めている。

 

他に買わないといけないももがある。トイレットペーパーだ。全て使い切ってしまい、在庫がないのだ。買い忘れると大変なことになる。あと欲しいのは重曹。そろそろタケノコのシーズン。今朝、様子を見に行ったらタケノコが二本、頭を出していた。初物だ。

 

タケノコを炊くのは米ぬかがいいんだけど、これが意外と売っていない。だから僕はいつも重曹で代用している。僕は料理はそこそこできるんだけど、タケノコのあく抜きだけは苦手。栗の渋皮煮を作るときも重曹は使うが、それは上手にできる。掘りたてのタケノコは圧倒的にアクは少ないはずなんだけど、それでもアクのいやな感じが残ってしまう。なにがいけないんだろう。湯がく時間?重曹の量?まあ、そのうち上手になるだろうと楽観している。

 

肝心の重曹なんだけど、スーパーのなに売り場にあるのだろう?ケーキなどの材料にも使われるからそこかと思ったがなかった。散々探し回ったけど見つからなかった。お店の人に聞こうかと思ったけど、なんだかみんな忙しそうだったのでやめた。

 

薬局に行けばあるだろうと思い行ったのだが、そこでも自力で見つけることはできず。レジのおばちゃんが暇そうだったので教えてもらった。

 

「はいはい、ございますよ。三番の列にございます。店長、お客様をご案内してください」

 

とても親切に対応してくれたので、199円の重曹だけを買うのが申し訳なくなり、その横にあったハッカ油まで一緒に買ってしまった。ハッカ油には虫除けの効果があるし、アロマテラピーとしても使える。ハッカ飴のあのハッカだ。スッとしていてこれからの季節には清々しい。

 

うちに帰ってしばしの休息。あ、そうだ。タケノコ掘らなくちゃ。今朝確認したタケノコを掘りに行く。まだ小さいがこれくらいがやわらかくて美味しい。うち一本はあまりにも小さすぎたために皮を剥いたらなにもなくなってしまった。結局、初物のタケノコは一本だけ。まあ、それでじゅうぶん。

 

重曹を入れて湯がく。30分ほど湯がいて、そのまま放置する。そうこうする間に講習を受けに行く時間になる。あぁ、なんて忙しい休日なんだ。

 

講習開始時刻の5分前に到着。受付で手数料の500円を払い本を2冊受け取る。どうせ見ないんだよなぁ。僕のことだからきっとすぐに捨ててしまうに違いない。僕は優良運転者だから30分の講習ですむ。違反や事故をした場合などは2時間も受けないといけないらしい。まあ、この2時間で命が守られるのであれば無駄ではないよね。30分の受講内容の要約は以下の通り。

 

  • 事故は年々減少しているが、高齢者の事故は増えている
  • 後部座席のシートベルトは義務である。一般道で違反をしても罰則はない。高速道路で違反をしても減点1点といった軽いもの
  • シートベルトをせず、身を投げ出されるとその人自身が凶器となる
  • 平成29年3月12日から準中型免許が新設された。これは18歳以上であれば受けられる(中型免許は2歳以上、普通免許等保有2年以上という条件がある)
  • 循環交差点の標識が新設された。交差点といっても半径500メートルに及ぶもの
  • ちょうちょのマークをつけた車は聴覚障害者が運転するもの

 

ルールってのはいつの間にか新設されていて、知らなかったではすまされない場合もあるので注意したい。

 

さて、車検が終わるまでの二時間。僕は自宅で待機。ブログの過去記事の修正でもするかと意気込む。そうそう、タケノコもどうにかしなくちゃ。そうだ、昨日煮付けたイカがあるから、あれとあわせて炊くことにしよう。

 

なんてことをしているとあっという間に二時間なんて経つ。車検が終わる頃だ。ふたたび代車に乗る。こんなに一日中、車を運転するだなんて近年の僕では珍しい。ふと、車に貼ってあるステッカーが目にとまる。

 

車検

 

たくさんガソリンを使ってしまってごめんなさい。もちろん給油はしません。ごめんなさい。バカ正直に補給をする人なんているのだろうか。100kmも200kmも走ったわけじゃないし、いいよね?

 

車屋に到着。きれいに磨かれている。メンテナンスも完了し、僕の車はご機嫌に見える。新年度を迎えてワクワクしている誰かのよう。支払った総額は86,000円とちょっと。僕が車検の予約をしたのはつい四日前なのに一週間前予約の早割りを適用してくれていた。しかも黙って。これが「予約日から一週間は切れていますが、早割りを適用しておきましたので」なんて恩着せがましいことを言われると逆に印象は悪くなる。黙って親切に対応してくれる。これはすごく好感がもてる。

 

そして自分の車に乗り帰路につく。車屋の店員は深々と頭をさげて見送ってくれた。

 

「そういえば僕は自分の仕事で誰かに頭をさげるなんてことはないなぁ」

 

そんなことを思いながら忙しい一日を終えた。