ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

季節の変わり目とその注意事項

布団

さすがに冬物の羽毛布団では暑くなってきた。寝苦しい。夜中に何度か目が覚める。布団を跳ね除ければ足や腕は冷たくなり、その感覚で目が覚める。薄手の布団にかえるべきだろうか。週末には薄手の羽根布団を用意しよう。だけども、こういうのは入れ替えた途端、季節が逆戻りしたりする。ゴールデンウィーク前に風邪など引いてたまるか。季節の変わり目は風邪を引きやすいので注意したいところだ。

 

ところで、僕のうちにはオカヤドカリがいる。こいつは沖縄生まれなので寒さに弱い。15℃を下回ると「寒い、寒い」と震えるのだ。週間天気予報を確認すると、今週の最低気温は14〜15℃くらいだという。それならば水槽にグルグル巻にしておいた電気毛布は必要なかろう。この電気毛布は僕の親が使っていたもの。オカヤドカリ用の暖房器具なんて持っていないから、その電気毛布を貸してあげているのだ。

 

電気毛布を除けた翌日。朝晩が冷え込むようになった。僕でさえ暖房を入れるかどうか迷うくらいの気温。再び週間天気予報を確認すると最低気温は11℃まで下がっている。そりゃ寒いわ。案の定、オカヤドカリは僕を見て「寒い、寒い」とつぶやいていた。

 

冬用布団のせいで寝苦しさから夜目が覚める。暑い。夜中の三時ころに目が覚めると、そこからの眠りは浅い。寝ているのか起きているのかよくわからない状態が続く。時計を確認すれば、まだ四時。再び確認してようやく五時。そんなときは妙な夢を見やすい。悪夢に近い夢を見ることもある。ある日には「なぜこんなひどい夢を見てしまったのだろう」というような夢をみた。夢の中で僕は鬼畜だった。現実にはこんなにいい人なのに。夢の内容は語らない。