ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

ニコニコ超会議 超歌舞伎のすすめ

GW

ゴールデンウィーク突入。僕は破竹の九連休。人によっては中日は真面目に出社する人もいる。せっかくのゴールデンウィークなんだから休めばいいのにって思う。どうせ有休を使い切ることなんてないんだから。「お父さんはね、仕事なんだ。だから遠くへは出かけられない」そんな言い訳のために出社するのだろうか。

 

僕は明日までの二日間は家でゆっくりすることにしている。特に予定など決めていない。さて、なにをしようか。僕が最初にしたのは雑巾縫いだった。なんて地味なゴールデンウィークの幕開け。

 

今使っている雑巾がボロボロになってきた。僕は家の中の掃除をするのに雑巾を使っている。それ以外に道具はない。大仰な自動ゴミ吸い取り機は必要ない。不要になったタオルを自分で縫って雑巾にする。そろそろ雑巾縫わなきゃなぁと思いながら、放っておいた作業のひとつ。

 

雑巾

 

作業に取り掛かるまでは実に億劫なのだが、作業をはじめると実に楽しい。最初はおぼつかない手つきも次第に要領を得てくる。とりあえず二枚の雑巾を縫った。これで半年くらいは掃除道具に困らないはず。

 

 

次に行ったのはタケノコ掘り。ほとんどのタケノコは生長し過ぎていたのでスコップでなぎ倒した。よさそうな四本を持って帰り、重曹を入れて湯がく。実は先日、タケノコを日干ししてみたら、これが意外とよかった。明日、日干しにしてみようと思う。

 

日干し前。

たけのこ

 

日干し後。半生っぽい。

たけのこ

 

その後に水回りの掃除をした。炊事場と風呂、トイレ。僕は水回りの掃除はあまり好きではない。そのことは以前にも記事にしたことがある。

 

掃除の頻度がそれほど多くないものだから風呂などは結構ひどい状態。僕は視力がよくないのでシャワーを浴びているときは細かい汚れなど見えない。結果、気にならない。見えないってのは都合がいい。そうはいってもたまには掃除をしないといけない。なにもすることがない連休初日の今日、それをようやく実施した。

 

それから、ニコニコ超会議の超歌舞伎をみた。去年は「千本桜」の世界。今年は「吉原ラメント」の世界だった。

 

 

筋書き的には去年の続きだが、去年の内容を知らなくてもじゅうぶん楽しめるし、歌舞伎のかっこよさを知ることができると思う。初音ミクも出てくる。この存在感がすごい。中村獅童は萬屋。澤村國矢は紀伊国屋。初音ミクは初音屋。重音テトは重音屋。屋号の話ね。ついでにいうとデジタル技術を提供しているNTTは電気屋だ。

 

歌舞伎を知らない人でも純粋にかっこいい、面白いと思えるはずだ。むしろ歌舞伎を知らない人のほうが楽しめるかもしれない。明日30日も開催されるので時間がある人は是非。