ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

こだわりを捨て出会えた一足、ADOLFO DOMINGUEZのシューズ

靴

念願だった新しい靴をようやく手に入れた。僕は今現在、外出用の靴は三足しか持っていない。うち二足は革靴。もう一足はスニーカーだ。そのスニーカーがずいぶんとくたびれてきたのは、もう数年前のこと。色あせは激しいし、穴も空いてきた。そんな状態だから新しい靴を買おうとことあるごとに物色していたのだが、なかなかこれぞと思うものに出会えなかった。

 

 

僕が狙っていた靴の条件は以下の通り

  • 青色で光沢があるもの
  • クロコダイル的な編み編みの模様があるもの
  • ビジネスもプライベートもOK

 

夏に革靴は重い。夏用に履ける一足が欲しいと考えていた。上記の条件に合いそうな靴を片っ端から試着させてもらったこともある。どれもしっくりこなかった。青は光の加減によっては黒っぽく見えるのだ。黒にみえる靴は履きたくない。もっと明るい青と考えると一気にカジュアルさが増す。

 

「青にこだわることが間違っているのかなぁ」

 

そう思っていた矢先に冒頭の写真の靴に出会った。ADOLFO DOMINGUEZというブランドのものだ。WEBサイトを見ると洋服のデザインはいたってシンプル。シンプル過ぎて逆に難しいかもしれない。小物を使うなり、他のブランドとあわせるなりしないと野暮ったくなりそう。靴はどれもかわいい。財布もシンプルなデザインでいい。

 

僕が買った靴は、青へのこだわりを捨てたから出会えたのかもしれない。なんといっても特徴的なのは一部がメッシュになっているということ。夏用にはピッタリでこれ系の靴にしては見た目にも涼しい。去年まではつま先部分も全てメッシュだったらしい。それだったら僕は買わなかった。足先が見えるのは少しかっこ悪い。2017年の今だから買えた一足だ。

 

靴

 

それにこの靴は結構軽い。軽さも僕にとっては重要なポイント。ボロボロになった今のスニーカーはとにかく軽くて履きやすかった。それに比べると重さは増すが、それでも軽い部類の靴だと思う。ビジネスでも履けそうだし、ロールアップにすればカジュアルにもなりそう。 茶系の靴だとどんな格好にも合わせやすいのもいい。へんに青色にこだわることなんてなかった。あのこだわりはいったい何だったのだろうか。