ミニマム コラム

執着せず。最低限のモノで。日常の共感。

民泊新法成立に思うこと 施行はいつから?

Airbnb

僕はここ一年くらいAirbnb(エアビーアンドビー)をよく利用している。利用者のほとんどは外国人だというから日本人で利用しているのは珍しいかもしれない。そんな民泊は現状のルールでいえば限りなく黒に近いグレーだ。そんな民泊の新法「住宅民泊事業法」が今日成立した。施行は2018年1月。都道府県知事への届出制で年間180日まで宿として提供可能らしい。これで民泊はグレーではなくなった。

 

届出制ということは実質、誰でも民泊のオーナーになれるということ。届け出は基本的にはそれを却下することはできない。これが「許可制」だとハードルは高くなる。許可は一般的には禁止されている事項を「許可」された場合にのみ行えるもの。「無許可」で行うと厳しく怒られる。

 

民泊の実態を把握したから届け出くらいは必要だけど、まあ、好きにやってよということだろうか。オリンピックや旅行者の増加によるホテル不足ということを考えると、そこまでは厳しくできないということだろうか。

 

トラブルが増えればルールが厳しくなるのは世の常。これで日本でも民泊が解禁されたから好き放題!なんて勘違いしてトラブルを起こさないで欲しいと僕は思うのだ。最低限のルールを守って、常識の範囲内で利用して欲しい。国によってその常識は違うのだろうけど、郷に入れば郷に従え。民泊の多くは住宅街にある。そこには普通に人が暮らしている。旅行者にとっては非日常かもしれないけど、そこで暮らす人にとっては日常なのだ。誰しも日常を脅かされたくはないだろう?

 

民泊の上限を180日としているということは、民泊を目的に部屋を借りてはならないということだろうか。空いている部屋を貸すということが大前提なのだと思う。貸す側もそのルールを守って欲しいと思う。

 

僕は以前にAirbnbで予約を入れた部屋が直前になってオーナー側にキャンセルされたことがある。多分、そのマンションの所有者にバレたのだと思う。もちろん宿泊代は全額返金してもらった。丁寧なお詫びのメールも頂いた。そこは特徴のあるちょっと変わった作りの部屋だったから泊まってみたかった。特徴的だからバレてしまったんだろうけどね。

 

お互いにルールを守って気持ちよく民泊を利用したい。そうすればオーナーも低いハードルで収入を得られるし、利用者側も安く旅行ができる。静かに普通にしておけば、ご近所からクレームがくることもないだろう。みんな得をするじゃないか。民泊新法が妙なルールに改正されないように願う。そのためにはひとりひとりの心がけが必要だ。